ここから本文です

小学校の算数教育が原因?なぜ日本人は「数学」が苦手なのか

3/16(土) 8:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

本記事は、学習塾・灘学習院の学院長である江藤宏氏の著書『東大・京大に合格する子どもの育て方』より、日本の小学校教育の問題点を取り上げ、日本人が論理的思考や数学を苦手とする理由を探ります。

小学校の先生は、大学で「教え方」を学んできただけ

小学校、中学校、高等学校、盲・聾・養護学校、幼稚園の教員及び養護教員になるには、各種学校の教員免許状が必要であり、中学校・高等学校は教科ごとの免許状になります。

免許状の授与を受けるためには、教員養成系の大学で所定の単位を取って卒業することが、最も一般的です。文部科学省のホームページでは、教員に求められる資質能力として次のような内容があげられています。

「教育者としての使命感、人間の成長・発達についての深い理解、幼児・児童・生徒に対する教育的愛情、教科等に関する専門的知識、広く豊かな教養などに基づく実践的指導力」

さらに、今後特に求められる資質能力として、次のような項目があげられています。

1.地球的視野に立って行動するための資質能力

2.変化の時代を生きる社会人に求められる資質能力

3.教員の職務から必然的に求められる資質能力

中でも3については、教科指導、生徒指導のための知識、技能及び態度が求められるとあります。

つまり、教員養成系の大学では、これらの資質能力を身につけるための教育が行われているのです。例えば岡山大学教育学部が発行している学生向けポートフォリオには、小学校教育コースの履修モデルが記されています。その授業科目をみれば、コーディネート力、マネジメント力、実践的指導力、学習指導力、生徒指導力などの養成が目指されているようです。

最も大切な学習指導力に関しては、各教科の具体的な指導法を履修することがあげられています。各教科の指導法については文部科学省の『小学校学習指導要領』や『小学校学習指導要領解説』を参考にし、さらには市販されている教科指導法なども加味して学んでいくようです。

教員養成系の大学では、学生はまず教え方を学ぶのです。その学生たちは、そもそもどんな資質を備えているのでしょうか。小学校教員を養成するコースは大学入試において、理系が得意ではなくても対応できるような科目設定となっています。国公立大学を受験する場合はセンター試験を受ける必要はありますが、2次試験では国語と英語などの選択のみで、数学は不要なのです。

その結果、こと小学校教員養成系については、文系の学生の方が多くなっています。すると、どのようなことが起こるでしょうか。

小学校教員の養成に関わっている大学数学教員にとって重要な問題の一つは、算数の「教え方」だけを学生から求められることです。さらには、理科とともに教科指導で苦労するはずの算数科の指導について教師自身が研究しようとしないという状況もあるようです。

小学校の先生を目指す文系学生が求めるのは、あくまで算数の教え方なのです。そもそも、教壇に立っている先生自身が、小学校からずっと学校で「教えられて」育ってきているのです。学校とは教える場であり、授業は可能な限り「わかりやすい」方が良いと考えているでしょう。

だから、もしかすると親切な先生ほど、授業中に「わかったかな」とか「わかりましたね?」と生徒たちに確かめながら話を進めるかもしれません。

では、小学校時代にそこまで丁寧に算数を教わった子どもたちは、その後、中学校に進んで数学が得意科目となるでしょうか。あるいは、日本人全体の学力を考えてみた時に数学的な力、すなわち論理的な思考力に長けているといえるでしょうか。もちろん、すべての日本人がそうだというわけではありませんが、どちらかといえば全般的に論理的思考力が弱いのが実情といえるでしょう。

思考力が弱ければ、画期的なモノを創造する力も乏しくなりがちです。だとすれば、その原因はどこにあるのでしょう。小学生となってから、学校や塾、さらには家庭も含めて、子どもたちがどこで一番勉強するのかといえば、やはり学校です。しかも、算数を最初に習うのは小学校です。誠に残念なことですが、日本の小学校における算数教育には、決定的な間違いがあるといわざるを得ないのです。

1/2ページ

最終更新:3/16(土) 8:00
幻冬舎ゴールドオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

富裕層・企業オーナー必読!「知識武装し、行動する」ためのWEBメディア。「資産防衛」に関する最新情報とノウハウを配信!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事