ここから本文です

奇跡のピン直撃― “浮島ホールインワン”を欧米メディア絶賛「非の打ちどころない」

3/16(土) 8:13配信

THE ANSWER

世界ランク87位の36歳ムーアが起こした奇跡のエースを欧米メディア賛辞

 米男子ゴルフのザ・プレーヤーズ選手権第1日は14日(日本時間15日)、いきなりミラクルショットが生まれた。浮島グリーンが名物の17番パー3で圧巻のホールインワンが炸裂。放った一打がピンを直撃して落下し、そのままカップインした。実際の瞬間をPGAツアーが動画付きで公開すると、ファンからは驚愕の声が上がっていたが、海外メディアも「非の打ちどころがない」「劇的」など賛辞を並べている。

【動画】「なんて偉業だ」と米仰天! 「ガシャン」の衝突音の後に奇跡が…ムーアが演じた“浮島ホールインワン”の実際の瞬間

 TPCソーグラスの名物、浮島グリーンで奇跡が生まれた。主役となったのは、世界ランク87位のライアン・ムーア(米国)だ。

 目の前に一面の池が広がるティーショット。鋭くアイアンを振り下ろした一打はピンに向かって一直線に飛んでいった。すると、ボールは「ガシャン」という衝突音を残すと、次の瞬間、姿を消した。一瞬、静まり返るギャラリー。しかし、事態を呑み込むと、遅れて熱狂の坩堝と化した。

 なんとピンの高さ1メートル付近を直撃し、そのまま綺麗に真下に落下。カップに吸い込まれていたのだ。信じられない一打に、ムーア本人も大喜び。池ポチャが続出する名物の浮島グリーンで圧巻のホールインワンをやってのけ、大興奮だった。

 PGAツアー公式インスタグラムは「ホールインワン 17番でのライアン・ムーアによるスラムダンク」とつづり、実際のシーンを動画付きで公開しているが、海外メディアも続々と快挙を報じている。

 米ゴルフ専門メディア「ゴルフダイジェスト.com」は「プレーヤーズ選手権2019:ライアン・ムーアが超えられることはないであろう、ホールインワンの“履歴書”を作り上げる」と、かつてないほどのエースと大絶賛している。

「非の打ち所がない、超えることのできないものになった」

「木曜日のプレーヤーズ選手権の17番パー3でライアン・ムーアが記録したエースは、彼のキャリアにおける印象的な瞬間のはずだ。浮島グリーンで、大勢の観客を前にして“空中で”ホールに沈める? 勝てっこない。面白いことは、ムーアが彼のキャリアで、より大きなエースをいくつか記録していることだろう」

 記事ではムーアにとって5度目のエースと紹介し、「彼のホール・イン・ワンの“履歴書”は非の打ち所がない、超えることのできないものになった」と伝えた。

 報じられているのは米国だけではなく、欧州にも波及している。

 英衛星放送「スカイ・スポーツ」も「ライアン・ムーアが17番で劇的なホールインワンを打つ」と報じ、「プレーヤーズ選手権初日で、ライアン・ムーアがホールインワンを成功させ、17番付近にいた多くの観客を歓喜の渦に巻き込む」と脚光を浴びせていた。

 ホールインワンは数あれど、一度もグリーン面に落ちることなくカップに吸い込まれるエースはそうそう起こりえない。2019年“第5のメジャー”の異名を取るビッグトーナメントの名シーンとして記憶されそうだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:3/18(月) 12:52
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事