ここから本文です

「エムバペを指導してみたい」ジダン新監督が注目発言!R・マドリーが大型補強に動くか⁉    

3/16(土) 17:40配信

SOCCER DIGEST Web

記者会見では補強要請を否定

 3月11日にジネディーヌ・ジダンが指揮官として復帰したレアル・マドリー。来シーズンに向け、チーム改革の動向が注目されている。
 
 その第1弾として、14日にはポルトのブラジル代表DF、エデル・ミリタンの獲得を発表した。そして注目を集めているのが、パリ・サンジェルマンに所属する2人のビッグネームに対するアプローチだ。そう、ネイマールとキリアン・エムバペである。
 
 マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は先日、ネイマールとエムバペに対する興味を公に認めた。とりわけエムバペについては、同胞のジダン監督の存在が獲得に影響する可能性もあると示唆している。
 
 ジダン監督も、以前からフランス代表の後輩に賛辞を寄せてきた。『ESPN』によると、3月15日の会見で、いつかエムバペを指導してみたいか問われると、「優れた選手はすべてそうだが、(指導)したいよ」と答えている。
 
 ただ、実際にペレス会長にエムバペの補強を要請したかとの質問が寄せられると、「ノーだ。まったくそんなことはない。今はそういうことを話すタイミングではない」と否定した。
 
「まだシーズン中だ。そういうことについては話さない」と、強調している。
 
「ネイマールとエムバペのクオリティーは分かっている。だが、私が関心あるのは次の試合(セルタ戦)だけだ。それ以外は関心ない」
 
 一方、現所属選手たちの去就にも注目が集まっているが、指揮官は「みんなここで契約がある。来シーズンのことについては様子を見よう」と述べるに留まった。
 
「我々の仕事は、残された11試合に勝つことだ。それから何があるかを見ていこう。私は(補強や放出の)リストを作成するためにここにいるのではない。チームが団結し、良い形でシーズンを終えるためにいる」
 
 とくに去就が騒がれているガレス・ベイルやイスコについても、「ベイルついて話すことはない。彼のことはみんなが知っている。ほかの選手と同じように、期待しているよ」と続けた。
 
「大事なのはみんなが準備を整えることだ。私は全員に期待する。イスコやほかのみんなも含めてね」
 
 残りのシーズンでカリスマ指揮官がどんな手腕を発揮し、そして来シーズンに向けてどのようなチーム編成を進めていくのか、注目だ。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】これってオシャレ? ポグバらスタープレーヤーたちの奇抜すぎるヘアースタイル

最終更新:3/16(土) 17:40
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事