ここから本文です

富士そば「煮干しラーメン450円」がネットで大評判。噂の味を食べてみた

3/16(土) 8:50配信

女子SPA!

 2種類あるんです。

 突然ですが、立ち食いそば屋の「名代富士そば」に、“ラーメン”があるってご存知ですか?

⇒【写真】煮干しラーメン

 そば屋のラーメンはダシが効いていて美味と言われますが、実は富士そばも、その一つ。なつかしい醤油系「昔ながらのラーメン(420円)」を食べている人を、よく見かけます。

 しかしこれとは別に、店舗限定ラーメンとして「煮干しラーメン(450円)」が存在するということはご存知でしょうか? すでにネット上では大絶賛の声も多く上がっている、富士そばの隠れた名品なんです。そこで今回は噂の「煮干しラーメン」を実食! その実力をお世辞抜きに判定してみたいと思います。

2度目のチャレンジで、「煮干しラーメン」にありついた!

 店舗限定のため、まずは店舗探しからスタート。富士そばの公式サイトに書かれている新橋店に行ったところ、取扱なし……。しょんぼりしていた私を見たスタッフさんが声をかけてくださり、本社から連絡をいただけることに。その結果、代官山店で食べられることがわかり、急遽向かうことにしました。

 東京・恵比寿駅から徒歩3分ほどで代官山店に到着。念願の「煮干しラーメン」を注文しました。

 乗っている具材は、昔ながらのラーメンとほぼ同じ(なるとはナシ)。スープは、透き通ったスープではなく白濁タイプ。なんとも濃厚そうでそそられます。

 スープを一口飲んでみると、優しいまろやかな味わいの中に、煮干しの旨味や香りが程よく感じられます。ジャンクなテイストというより、繊細さも含んだ素朴な品の良さが印象的です。麺は至って普通の中太麺。ここには奇をてらった感じは一切ありません。

 いい意味で強い個性・クセが無いため、老若男女問わず喜ばれそうですし、飽きずにリピートもできそう。油っこさもないため、こってり系が苦手な人にこそオススメで、そば屋に期待する世界観はしっかり具現化されていました。

 結論。これは大アリです!

<文、写真/スギアカツキ>

【スギアカツキ】

食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が11月15日に発売。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12

女子SPA!

最終更新:3/16(土) 8:50
女子SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事