ここから本文です

台湾留学の中国人学生、習近平批判で帰国命令「暗黒政治だ」

3/17(日) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 台湾の清華大学に留学している中国山東省出身の21歳の男子学生、李家宝氏が帰国命令を中国政府機関から受けた。李氏は「習近平中国国家主席は言論を弾圧しており、大陸には自由がない。私はそのような習近平の独裁体制に反対だ」などと語っている様子をツィッター上でライブ動画を配信した。これにより、中国政府傘下の中台留学生交換手続きをしている政府系機関から「7月の卒業を待たずに、すぐに帰国せよ」との命令を受けたのだ。

 李氏は大学を通じて、中国政府から政治的迫害を受ける可能性があるとして、台湾当局に「政治保護」を申請したことを明らかにした。米政府系報道機関「ラジオフリーアジア(RFA)」が報じた。

 李氏は「習近平が2012年に薄熙来(当時の四川省重慶市党委書記)を汚職などの罪で裁いた時には中国にも『立派な政治的人物が現れた』と称賛したが、それはあくまでも一時的な錯覚だった」と述べた。そのうえで、「1年前に中国の憲法を改正して、国家主席の任期10年を撤廃したことで、中国の千年王朝の帝政の延長であり、事実上の皇帝誕生だ」と習氏を非難。

 さらに、「今の中国は英作家ジョージ・オーウェルが描いた荒唐無稽な世界のようで、政治状況は(清王朝の崩壊につながった1911年の)辛亥革命の前より暗黒政治と化している」などと指摘した。

 また、李氏は中国共産党政権による人権侵害や、メラミン混入粉ミルク、不正ワクチンなどの問題にも言及。「中国人には自由も尊厳もない。台湾と同じように、中国でも言論の自由や民主主義を満喫できる日が訪れるよう願いたい」と述べている。

 このインターネット動画は瞬く間にネット上でシェアされ拡散。3月13日には突然、李氏の下宿先に中国の政府機関の留学担当者から電話があり、「7月の卒業を待たずに直ちに帰国しなさい」などとの命令が伝えられた。さらに、山東省の実家の両親からも電話があり、「すぐに帰ってこい」などと伝えられたという。

1/2ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事