ここから本文です

ピエール瀧コカイン逮捕 『いだてん』に囁かれる代役の名前

3/17(日) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 ピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)がコカイン使用容疑で逮捕されたことで、大河ドラマ『いだてん』が窮地に立たされている。

 瀧が演じるのは履物店「播磨屋」の主・黒坂辛作。主人公・金栗四三(中村勘九郎)のマラソン用足袋を開発する重要な役どころだ。

「これからの物語で、『金栗足袋』を開発する黒坂はますますキーマンになっていく。今後、瀧をドラマに登場させないのは決定事項だが、それならどうストーリーを進めていくのか。すでに撮影は6月放送分まで済んでいるため、脚本の宮藤官九郎さんやスタッフの間で侃々諤々の議論が起こっている」(NHK局員)

 最終的な決定は脚本家の意向が大きいものの、NHK局内では様々な意見が飛び交っているという。

「有力なのは、そのまま代役を立てるという案。これならシナリオの変更は必要ない。語り部である古今亭志ん生役のビートたけしさんに“まァ、年取ってちょっと顔が変わったけど気にしないでください”なんて言わせれば洒落ている。せっかくなら市川海老蔵さんあたりの大物に頼めば、視聴率低迷の打開策になる、という声まであがっている」(同前)

 あるいは「脚本を変更する」というパターンもある。

「今回の大河は、わざわざ“史実を基にしたフィクション”と強調している。たとえば金栗の妻になるスヤ(綾瀬はるか)が、その前に別の男性と結婚していたという描写は史実とは異なるものです。だから“播磨屋店主が死んで、別のキャラクターがその遺志を引き継いで開発する”という設定に変更してもいいのでは。播磨屋に出入りしている車屋の清さん(峯田和伸)あたりが適任かもしれない」(別のNHK関係者)

 クドカンやプロデューサーはどの道を選択するのか。どんなウルトラCがあるにせよ、“いだてん”のように迅速な決断が求められる。

※週刊ポスト2019年3月29日号

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事