ここから本文です

高橋維新の「R-1ぐらんぷり2019」ネタ全批評

3/17(日) 7:30配信

メディアゴン

高橋維新[コラムニスト]

***

3月10日にフジテレビ系列で放送された「R-1ぐらんぷり2019」。

筆者がこれまで何度も同じことを言っていますが、R-1はあくまで「ネタのおもしろさを競う大会」です。そして、「ネタ」という手法は、笑いを生み出す手法としてはさほど優秀ではありません。基本的には台本がガチガチに固められたものなので、アドリブの意外な展開や、天然ボケのおもしろさには決して敵いません。

まして、R-1における審査対象は演者を自分1人しか使えないピン芸です。2人以上の演者が使える漫才やコントと較べても、できることは大幅に制約されます。筆者は「一番おもしろいものとは何か」をずっと探求していますが、R-1を含めたネタや賞レースの中ではそれは見つからないということだけははっきりしているのです。

もちろん、R-1やネタという手法にに存在価値がないわけではありません。R-1みたいな賞レースやそこで競われているネタの存在価値は主に3つです。

(1)「一番おもしろいもの」ではないにしても、それが好きな人は(少なくとも商業的に成り立つ規模で)存在するので、その人たちに向けてやればお金が儲かる
(2)芸人が自分の芸や実力をトレーニングする材料になる
(3)芸人の実力をクリエイターが見極める機会になる

これは、Jリーグで例えると分かりやすいことに最近気が付きました。Jリーグは、世界最高峰のサッカーが展開されているわけではありません。それでも、Jリーグに存在価値がないということにはなりません。

(1)ファンは商業が成り立つ規模で存在するうえに、(2)選手がJリーグで試合に出ることで自分の実力を磨けて(そして、磨き続ければいずれは世界最高峰の舞台に行ける)、(3)Jリーグでのパフォーマンスを通して選手の力量をスカウトたちが品評することができます。そういうことです。

逆に言うと、ネタにも賞レースにもそういう存在価値しかありません。あくまで「一番おもしろいもの」を作り上げていく過程でのファームに過ぎないので、ここで最高峰の笑いが展開されているというような宣伝広告は羊頭狗肉が過ぎます。もっとはっきりと言えば、嘘です。

作り手も受け手(視聴者)もそういう自覚を持ったうえでネタの品評に臨みましょう。

なぜ視聴者にまでその自覚を要求するかと言えば、今年のスタジオの観覧客の笑い声がかなりうるさかったからです(これは、色々な人が指摘していることですが)。特に笑いどころでもないところ(前フリやネタ冒頭の設定の説明の段階)で笑い声が入ったり、拍手や歓声がかなりの頻度で(それも大音量で)巻き起こったりして、ネタへの没入を阻害してきました。

エンタの神様や通販番組の客みたいで、不自然なんですよね。生放送のはずなので、後から足した笑い声ではないと思います(と思いたいです)が、もっと静かなお客さんで固めた方がいいと思います。

1/3ページ

最終更新:3/17(日) 7:30
メディアゴン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事