ここから本文です

児童への性的虐待コンテンツを撲滅せよ

3/17(日) 14:00配信

WIRED.jp

児童への性的虐待に関して、2018年は過去最悪の記録を塗り替えた年だった。児童への性的虐待を示すコンテンツの追放に取り組む英国の非営利団体「The Internet Watch Foundation(IWF)」が18年、児童に性的虐待・苦痛を与えていると判断して削除したウェブ上のコンテンツは10万件以上に達した。これは前年と比べて約3割の増加だ。

ネット広告は「虐待の被害者」すらターゲットにする恐れがある

IWFは、児童への性的虐待の様子を示したインターネット上の画像や動画の拡散を防ぐ取り組みを続ける、世界でも数少ない団体のひとつである。IWFは削除数が急増した理由として、問題のあるコンテンツを検出する作業の精度が上がったことと、作成される違法コンテンツそのものの増加を挙げている。

10万件以上という数字だけでは、衝撃的な現実は伝わりづらいかもしれない。IWFが18年に削除したウェブページ10件のうち4件には、10歳以下の子どもに対する性的虐待を示すコンテンツが含まれていた。うち1,300件以上が乳幼児だったのだ。

「ネット上でどれだけのコンテンツが違法なのかわかりません」と、IWFの副最高経営責任者(CEO)フレッド・ラングフォードは話す。「ネットを使う人が増えれば、違法コンテンツも増えます」

ラングフォードや彼のチームは、児童への性的虐待に関するコンテンツ数の実態を把握できていない。「いまはまだ、わたしたちが対処できる範囲を超える量が存在している段階です」と彼は言う。

それでも、生産性を向上しコンテンツ削除の作業を自動化する新たなツールの導入によって、IWFがこなす作業量は増えた。このツールは、児童への性的虐待を示すコンテンツを削除するプロセス全体を管理する。導入で一連の作業の生産性は5割アップした。

ラングフォードはこれを「作業プロセスのワークフローが改善した」と説明する。要するに、職員がマウスをクリックする回数、入力するページやフォーム数を減らすことができたのだ。「ものすごく心踊る変化というわけではありませんが、おかげでいままでと同じ人員でもできる作業がぐっと増えました」

1/3ページ

最終更新:3/17(日) 14:00
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事