ここから本文です

昇進したら残業代がつかなくなった!「名ばかり管理職」は残業代を請求できるのか。【FINDERSビジネス法律相談所】

3/17(日) 9:30配信

FINDERS

日々仕事を続ける中で、疑問や矛盾を感じる出来事は意外に多い。そこで、ビジネスまわりのお悩みを解決するべく、ワールド法律会計事務所 弁護士の渡邉祐介さんに、ビジネス上の身近な問題の解決策について教えていただいた。

(今回のテーマ)
Q.最近、昇進して課長になりました。一応役職手当が付くようにはなりましたが、これまで付いていた残業代が付かなくなってしまったことで、手取りは減ってしまいました。とはいえ、日々残業をしている時間は今も課長昇進前と変わっていません。その分も給料に反映してほしいと思っていますが、会社には請求できますか?

会社や家族のためにがんばって課長に昇進したのに……!

正式に人事から辞令が出され、Aさんは4月から課長となりました。Aさんの家族も喜んでいます。

妻:あなた、よかったわね。4月からお給料も上がるのね!

息子:パパ偉くなったんだね!

喜んだのもつかの間、Aさんの4月の給与明細を見ると、昇進する前よりも給与の手取り額はガクっと減っていました。

Aさんは何年も会社のために残業もいとわずに働いて、ようやく課長に昇進。それなのに、どうしてこのようなことになるのでしょうか?

Aさんの会社からは「役職手当」という名目での手当が支給されているものの、手当がこれまでの残業代よりも少ないために、これまでと同じだけ残業して働いても手取り額で減ってしまっていたのです。

「これでは、何のために一生懸命にがんばってきたのかわからない!」「昇進したのに、かえって待遇が低くなるのでは、何のための昇進かわからない!!」「こんなことなら、課長になんかなりたくない!!!」

Aさんはやるせない気持ちです。きっと、Aさんの立場だったら誰もがそのように思ってしまうでしょう。

「管理職になったら残業代がつかない」といったフレーズは、おそらく誰もが一度は耳にしたことがあるでしょう。では、法律ではどのように定められているのでしょうか?

労働基準法第41条は、「この章(第四章 労働時間,休憩,休日及び年次休暇)、第六章(年少者)及び第六章の二(妊産婦等)で定める労働時間、休憩及び休日に関する規定は、次の各号の一に該当する労働者については適用しない」と定め、第2号において「事業の種類にかかわらず監督若しくは管理の地位にある者又は機密の事務を取り扱う者」と定めています。

つまり、ここでいう「監督若しくは管理の地位にある者」(以下「管理監督者」)にあたる場合には、いわゆる残業代を支給しなくてよいとしているのです。

1/4ページ

最終更新:3/17(日) 9:30
FINDERS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい