ここから本文です

女子ツアーを熱くする実力派9名。熾烈な女王争いと東京五輪への思い

3/17(日) 8:43配信

webスポルティーバ

◆新垣比菜(20歳)
1998年12月20日生まれ。沖縄県出身。
2018年=29試合出場。ツアー1勝。
賞金ランキング23位。

【写真】ニューヒロインのブレイクは?

 今年は2月に米女子ツアー2試合に出場。海外ツアーは初めてです。1戦目(ISPS HANDA オーストラリア女子オープン)はオーストラリアのコースに対応できなくて、タイで行なわれた2戦目(ホンダLPGAタイランド)は、ショットはよかったのですが、3日目までパッティングがよくなくて……。2戦とも結果も出なかったのですが、それ以上に「自分はまだまだ……」と感じて、いろいろと課題が見つかりました。

 課題はショットもですが、とくにアプローチ。(海外の選手は)いろいろなバリエーションを持っていて、そういうアプローチができるようになりたいと思いました。でも、まずは「基本からできないと」と思って、今は基本的なアプローチの練習からやっています。

 東京五輪は出られたら出たいと思いますが、それには今年から相当がんばらないといけないと思うので、気合いを入れてやっていきたいです。


◆有村智恵(31歳)
1987年11月22日生まれ。熊本県出身。
2018年=31試合出場。ツアー1勝。
賞金ランキング26位。

 昨年は6年ぶりの優勝をすることができたんですけれど、最終組の3組前で回っていたので、先に上がって後続の選手を待つ形でした。だから今年は、最終日最終組で回って優勝するシーンを、自分でも味わいたいし、みなさんにもお見せしたいという気持ちがあるので、そういったシチュエーションでしっかり結果を出せるようにしたいです。

 以前は「結果を出さないと」とか、「期待に応えないと」とか思いすぎて、自ら追い込んでいた自分がいたけれど、今は最終組のプレッシャーを楽しんだりとか、期待を楽しみに変えたりしながらやっているので、(自分でも今季が)楽しみですね。


◆渡邉彩香(25歳)
1993年9月19日生まれ。静岡県出身。
2018年=31試合出場。最高位2位。
賞金ランキング55位。前半戦出場権。

 今季の目標は”自分に怒らないこと”です。昨年は「ミスしたくない」という気持ちから、思い切りが欠けていた部分があり、私らしいゴルフができなくなっていたかもしれません。

 だから今年は、私本来の「見ていて面白いな」とか「ワクワクする」とか思ってもらえるようなゴルフをしたいと思っています。でも、自分がイライラしたり、怒ったりしていたら、そういうゴルフができないので、”怒らないこと”が目標です。

 悪かったショットに関しては、昨年の後半くらいから、結構自信をもって打てるようになってきています。自信をもってショットが打てるようになれば、気持ちも上がってくるので、そういう場面を多くお見せしたいと思います。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事