ここから本文です

ガルシア戦の裏で… パッキャオ&メイウェザーの再会2ショットを米メディア“激写”

3/17(日) 17:34配信

THE ANSWER

ガルシア戦観戦で実現、米メディア脚光「往年のライバルは今は友人同士のよう」

 ボクシングのIBF世界ウエルター級タイトルマッチは16日(日本時間17日)、王者エロール・スペンス(米国)が5階級制覇を狙った挑戦者のWBC世界ライト級王者マイキー・ガルシア(米国)を3-0の判定で下し、3度目の防衛に成功。大いに盛り上がったビッグマッチの舞台裏で豪華な2人の再会が実現していた。マニー・パッキャオ(フィリピン)とフロイド・メイウェザー(米国)が顔を合わせて2ショットに納まった写真を米メディアが“激写”している。

【画像】ガルシア戦の舞台裏で実現していた! 米メディアに“激写”されたパッキャオ&メイウェザーの再会2ショットの実際の写真

 スペンスがガルシアを倒し、見事に防衛を達成した一戦。舞台裏で、リング上の2人以上に豪華な再会が実現していた。米総合格闘技サイト「FightHype.com」は一部始終を動画で公開した。

 ジャケットにシャツとフォーマルな装いで会場の駐車場にいるパッキャオ。多くの関係者が取り囲む向こうで、ド派手な金のネックレスを胸に提げた男が過ぎていく。メイウェザーだ。すると、通りすぎざまにパッキャオに気づきて歩みを向けると、がっちりと握手。そして、2ショット写真に応じたのだ。軽く声を掛け合うと、笑顔で別れていった。

 米ボクシングメディア「Boxing News And Views」を運営するニール・ドラン氏も公式ツイッターで実際の2ショットを画像付きで公開。記事を執筆した同サイトでも「メイウェザーとパッキャオがスペンス対ガルシア戦で出会う」と見出しを打って紹介している。

再戦の行方も注目「再戦が実現しないと決めつけるのは賢明ではない」

「2人の往年のライバルは今は友人同士のようだ。フロイド・メイウェザーとマニー・パッキャオが、テキサス州で行われたマイキー・ガルシア対エロール・スペンスの試合で再会した」

 こうつづった記事では「過去12か月間、再戦が噂されてきた異なるいくつかのイベントで、2人は顔を合わさずにきた」と関係性に触れた上で「メイウェザーはまだ再戦を望むかどうか確信は持っていないものの、彼らが対戦すればまだ多くの金を稼げることを考えれば、再戦が実現しないと決めつけるのは賢明な考えだとは言えないだろう」と再戦の可能性に言及している。

 この試合では勝ったスペンスから対戦を要求されたパッキャオ。リングに上がらずとも何かと話題を振りまいてくれるのは、さすがボクシング界の生けるレジェンドの証しである。

THE ANSWER編集部

最終更新:3/17(日) 18:21
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事