ここから本文です

セルティックが日本人獲得に興味か 堂安が候補と現地紙注目「エキサイティングな才能」

3/17(日) 19:10配信

Football ZONE web

敏腕スカウトの復帰が有力視され、獲得ターゲットにフローニンゲン堂安の名前が浮上

 セルティックと言えば、かつてMF中村俊輔(現ジュビロ磐田)やMF水野晃樹といった日本人選手が所属したチーム。現在は中村と当時チームメートだったニール・レノンが監督を務めているが、現地紙はその右腕である敏腕スカウトがオランダ1部フローニンゲンの日本代表MF堂安律をターゲットにし得る、と報じている。

【動画】セルティックが関心の堂安律、4人翻弄の“メッシ級ドリブル”&股抜きフェイントからの圧巻弾

 セルティックはブレンダン・ロジャース前監督のレスター指揮官就任に伴い、レノン監督が指揮を執っている。この体制変更によってスカウティングにも変更が出るとスコットランド紙「デイリー・レコード」は分析。レノン監督が2010年から14年にかけて指揮を執った際にオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク(現リバプール)、ナイジェリア代表MFビクター・ワニアマ(現トットナム)らを発掘したジョン・パーク氏のスカウト復帰が有力と報じている。それだけに新たな才能発掘に期待がかかるとし、その「エキサイティングな才能」の1人として堂安が紹介された。

「日本人ウインガーには今冬、マンチェスター・シティとニューカッスルが接触した。現状700万ポンド(約10億5000万円)の評価額だが、同国出身の香川真司(ベジクタシュ)とセルティックで愛される中村と似たタイプで、日本のスター候補だ」

 堂安について同紙は「彼の評価は高まり続けていて、次の移籍でさらなる移籍金を生み出す可能性がある」と、チーム強化だけでなく資金を生み出す将来的な戦略にまで言及している。

 フローニンゲン後のステップに注目が集まる堂安。各国から引く手数多な状況となった場合、どんな将来を選択するのか。

Football ZONE web編集部

最終更新:3/17(日) 19:45
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事