ここから本文です

神戸イニエスタ、アシスト後に珍ハプニング 看板で転倒の決定的瞬間に海外驚愕「恐怖」

3/17(日) 20:13配信

Football ZONE web

清水戦でポドルスキの先制弾を演出も… 看板で転倒の瞬間に母国紙「恐怖のアシスト」

 J1ヴィッセル神戸は17日、J1リーグ第4節で清水エスパルスと対戦し、1-1で引き分けた。神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが先制ゴールを決めた際、アシストした元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが勢い余って看板に乗り上げ、するりと転倒する珍ハプニングが発生。母国スペイン紙もその決定的瞬間に「恐怖」と注目を寄せている。

【動画】「恐怖」とスペイン紙も驚愕! 神戸イニエスタ、ポドルスキの先制弾アシストも… 三角看板に乗り上げてツルリと転倒の“珍ハプニング”

 試合が動いたのは後半4分だった。左サイドでボールを保持したイニエスタは、ループパスを狙うが、これは相手DF立田悠悟がクリアするも、こぼれ球を拾ったイニエスタがドリブルでエリア内に侵入。ゴールエリア内まで入り込んで中央にラストパスを送り、こぼれ球をポドルスキが流し込んで神戸が先制に成功した。

 だが、ここで思わぬ出来事が起きている。アシストしたイニエスタは勢い余ってゴール裏まで駆け抜け、そこに設置してあったJリーグの三角看板に乗り上げると、足を滑らせてツルリと転倒。その場で大きく転んで体を打ち付ける事態となった。

 幸いにも大事には至らなかったが、ゴール映像ではイニエスタが転倒する様子が収められており、母国スペイン紙「AS」も「イニエスタの恐怖のアシスト」と言及。転倒した決定的瞬間の1枚を公開し、「ポドルスキにアシストした後に転倒。広告につまづいた」と記している。

 試合は後半43分、清水FW鄭大世に同点ゴールを奪われて1-1のドローに終わった。あと一歩のところで勝利を逃した神戸だが、その結果以上に母国ではイニエスタのハプニングが大きく取り上げられている。

Football ZONE web編集部

最終更新:3/17(日) 22:13
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事