ここから本文です

清原和博氏 薬物撲滅講演3日後に「身体検査」を受け怒り

3/18(月) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 春めく陽気に包まれた3月9日の夕方、週末の羽田空港第2ターミナルは多くの利用客で混雑していた。ターミナルの外では、車寄せに停まった1台の高級外車の周囲に人だかりができていた。中央で仁王立ちする全身黒ずくめの大男は、元プロ野球選手の清原和博氏(51)。傍らには2人の警察官が立っていた。

【写真】依存症イベントに登場した清原氏

 警察官は、頭から足元まで清原氏の全身をくまなくチェック。ダウンジャケットやジャージのポケットにも手を突っ込む念の入れようだった。

「職務質問で所持品検査を受けたみたいです。言われるがままに従っていましたが、苦々しい表情を浮かべていました」(目撃した人)

 清原氏は2016年2月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、同年5月に懲役2年6か月、執行猶予4年の有罪判決を受けた。その後は薬物専門の医療機関での治療を続け、完治を目指している。3月6日には厚生労働省主催の薬物などの依存症啓蒙イベントに、特別ゲストとして出席した。

「少しでも自分のように苦しんでいる人のためになればと思い、(出席を)決めました」
「こつこつと治療してきて、それが厚生労働省に認められたのかなと思うとすごく嬉しいと思いました」

 逮捕されてから3年、初めて公の場に姿を見せた清原氏はそう話していたが、そのわずか3日後に受けた身体検査には我慢ならなかったようだ。

「警察官との話が終わって車に乗り込んだ清原さんは、警官の背中に向けて中指を立てていました」(同前)

 厚労省には認められたけど、警察への“啓蒙活動”はまだ足りない?

※週刊ポスト2019年3月29日号

最終更新:3/18(月) 7:34
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事