ここから本文です

「イチローを語る」03 新井宏昌(ソフトバンク二軍打撃コーチ)「大きく変える必要はない」

3/18(月) 16:02配信

週刊ベースボールONLINE

動きはまったく変わらない

 マリナーズの一員として来日を果たしたイチロー。週刊ベースボール3月25日号では、『イチローを語る』という企画を組んだ。
 今回からしばらく、その言葉を一人ずつ紹介していく。
 
 第3回は、イチローがオリックスでブレークした1994年の打撃コーチで、バッティングの師匠ともいえる新井宏昌ソフトバンク二軍打撃コーチだ。登録名「イチロー」の生みの親とも言われる。

「彼にとっては、思いどおりメジャーで長くプレーできることがベストなこと。それを実現できるように応援したいね。

 何年も神戸での自主トレを見ているけど、動きそのものは全然変わらない。数年前は走力が上がったと思わせるぐらいだった。バットもオリックス時代から変わらず、打撃フォームもフルモデルチェンジを必要としない選手。何かを大きく変える必要はないんです。

 ただ、大事なのはゲーム感覚。練習とゲームでは違う。若い選手を使う傾向があるメジャーでは外されやすい立場。そこは心配だけど、試合に出続けさえすれば今でもそこそこの数字は残せますよ」

写真=BBM

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事