ここから本文です

《エッグチェア》が華やかな織物をまとったら?

3/18(月) 12:00配信

Casa BRUTUS.com

織物メーカー〈川島織物セルコン〉が、気鋭のファッションデザイナー3人とコラボ。彼らがデザインした織物を、《エッグチェア》に張り込んだ。

天保14年創業の織物メーカー〈川島織物セルコン〉が、これからの時代を担う新進気鋭のファッションデザイナーに織物のデザインを依頼。青木明子(AKIKOAOKI)・井野将之(〈doublet〉)・堀内太郎(TARO HORIUCHI)の3人が手がけた織物を、北欧家具メーカー〈フリッツ・ハンセン〉のアルネ・ヤコブセンの代表作《エッグチェア》に張り込むという企画を実現した。

なお、コラボレーションチェアは、3人がデザインした洋服とともに、3月28日より、〈フリッツ・ハンセン〉青山本店にてお披露目される。

text_Aya Hasegawa

最終更新:3/18(月) 12:00
Casa BRUTUS.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Casa BRUTUS

マガジンハウス

7月号 Vol.232
6月8日

980円

衣食住、ここにしかない買い物体験。
日本全国リアルショップ83軒!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事