ここから本文です

突如発表、新型iPad Air10.5インチ、iPad mini 第5世代! iPadは5機種から選べるように!

3/18(月) 22:54配信

エイ出版社

最強のコンパクトな手書きデバイスiPad mini 第5世代

iPad mini 第5世代は、iPad Airと同様に、A12 Bionicチップを搭載。さらに、Apple Pencilが使えるようになったので、片手で持てるデジタルのメモデバイスとして、非常に独特なポジションを獲得することになりそうだ。

特に日本では、もっとも小型のiPadであるiPad miniを望む声は多かったので2015年のiPad mini 4登場以来3年半ぶりのアップグレードを歓迎する声は大きいだろう。

価格はもっとも安価な64GB Wi-Fiモデルで4万5800円(税別)、256GBのセルラーモデルにしても7万7800円とこれもリーズナブルな価格設定。

さぁ、3月25日の発表会に向けて準備は万端だ!

これでiPadのラインナップは価格上位から、iPad Pro 12.9>iPad Pro 11>iPad Air10.5>iPad mini第5世代>iPad 9.7第6世代ということになる。

過剰なまでに超高性能なiPad Proと、3万7800円(税別)と非常に安価なiPad 9.7インチの間を、従来のiPad Pro 10.5、iPad miniの基本コンポーネンツにA12 Bionicチップ、Apple Pencil 1などを組み合わせてて、非常に充実した、多彩な選択肢を作りだした戦略は、兵站を重視するティム・クックCEOの技量が光るといっていいだろう。

来週公開される、新ウェブサービス、また6月のWWDCで発表されるであろうARやマシンラーニング系の機能が充実したiOS 13の発表に向けて、どのマシンでも十分に楽しめる下地作りが完成したといえるだろう。


(村上タクタ)

2/2ページ

最終更新:3/18(月) 23:17
エイ出版社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事