ここから本文です

食事の変化によって「f」「v」の発音が生まれた、研究

3/18(月) 18:28配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

農耕が始まる→歯のかみ合わせが変わる→言語が変わる?

「f」や「v」の発音は、食事の変化によって生まれたのかもしれないとする研究成果を、スイス、チューリヒ大学の言語学者のチームが3月15日付け学術誌「サイエンス」に発表した。

ギャラリー:4万年で「イギリス人」の顔はこんなに変わっていた 写真7点

 生体力学と言語学的証拠にもとづいた今回の研究によると、農耕の開始にともなって柔らかい食物を食べることが増えた結果、人類の歯のかみ合わせが変化し、「f」と「v」の音を発音しやすくなったというのだ。「私たちの研究をきっかけに、言語の特徴の一部が生物学と文化の間にあるものとして研究されるようになってほしい」と、論文の筆頭著者のダミアン・ブラーシ氏は語る。

 この仮説が裏付けられれば、文化の変化に起因する生物学的変化が、言語の変化をもたらしたことを示す、初めての例となる。

食文化が変わり、言葉が変わった

 ブラーシ氏らは、歯のかみ合わせの変化が必ずしも言語の変化をもたらすわけではなく、また、ほかの原因による言語の変化を否定しているわけでもないと強調する。彼らはただ、かみ合わせが変わったことで、「f」や「v」の音が出現する可能性が高くなったと言っているだけだ。歯の専門家など、ほかの分野の科学者の一部は、彼らの仮説に理解を示している。

「かみ合わせは進化に深く根差した特徴で、種が共有するひとつのパターンです。ヒトやヒト族だけでなく、大型類人猿でも同様です」と、今回の研究に関わっていないチューリヒ大学の古人類学者マルシア・ポンス・デ・レオン氏とクリストフ・ゾリコファー氏は、メールでの質問に共同で回答を寄せた。「数百万年の進化の果てに、かみ合わせが言語の多様性と関係をもつことになるなどと、誰が想像したでしょう?」

 オーストリア、ウィーン大学の生物音響学の専門家であるティカムザ・フィッチ氏は、この研究はさまざまな仮定に依拠しているものの、「著者らの主張には妥当性があると思います」と評価する。なお、フィッチ氏も今回の研究には関わっていない。「言語にかかわる生物学的な制約が、文化の変化に伴ってどのように変わってくるかを示す、これまでで最も説得力ある研究です」

 けれども多くの言語学者は懐疑的だ。言語の差異の起源が生物学的な差異にあるとする考え方は、自民族中心主義につながる懸念があると考えているからだ。現在、ほとんどの言語学者は、世界の言語や方言の多様性を根拠に、私たちは皆、言葉を話すための同じ生物学的ツールと発声能力をもつと考えている。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事