ここから本文です

“バイク界のテスラ”は、こうしてハーレーより高性能な「新しい電動バイク」を生み出した

3/18(月) 12:12配信

WIRED.jp

「スタンドは立てたぞ!」。スタジオにいる20人ほどのエンジニアとデザイナーのうちのひとりが、声を張り上げる。「オーケー!」。数人がほぼ同時に答える。メンバーの半数がスマートフォンを掲げ、完成半ばのバイクに向けた。そのバイクは台の上の乗馬像のように、作業用のリフトテーブルに立てられている。

ゼロ・モーターサイクルズ「SR/F」をもっとみる

あるエンジニアがハンドルの赤いスイッチを入れ、スロットルを握って少しずつ回していく。そしてぐっと力を入れて回すと、ヒューンという静かな音とともに宙に浮いた後輪が高速回転し、部屋中は歓声と拍手に包まれた──。

2017年9月。ゼロ・モーターサイクルズ(Zero Motorcycles)の従業員は1年半を費やし、とうとうここまでこぎ着けた。ゼロのまったく新しい完全な電動バイクのモーターとバッテリーが動作する瞬間を目撃したのである。

バイク界のテスラ

それから1年半後、ゼロにとって数年ぶりとなる電動バイクの新モデル「SR/F」が、予定通りデビューすることになった。

ゼロは発展途上の電動バイク市場を、この十年にわたって牽引してきたメーカーだ。しかし、いまや大手メーカーがこの分野にも参入しつつある。

ハーレーダビッドソンは電動バイク「LiveWire(ライヴワイヤー)」の予約受付を開始した。ドゥカティの最高経営責任者(CEO)は、「バイクの未来は電動タイプにあります」と語っている。「カワサキ」ブランドで知られる川崎重工業は、同様の世界観を示唆する特許を取得したことが明らかになっている。

こうしたなか、ゼロは“バイク界のテスラ”であると言っていい。定評あるバイクメーカーよりは小規模で歴史も浅いが、時代に即した現実的な経験を数多く積んでいるからだ。「わたしたちは電動の乗り物に特化した企業としては、とても歴史があるのです」と、ゼロのCEOであるサム・パスケルは語る。「この(新しい)SR/Fで、再び他社に水をあけることができます」

スペックを見ると、実際にSR/Fは他社の電動バイクをかなり引き離しているようだ。ハーレーはLiveWireの最終的な仕様を発表していないものの、2014年のプロトタイプでは、最高出力は74馬力、最大トルクは約73Nmである。対するゼロのSR/Fは、LiveWireをはるかに上回る。最高出力は110馬力、最大トルクは約190Nm、最高速度は時速120マイル(同約193km)、走行可能距離は161マイル(約259km)である。

もっともハーレーの営業担当者いわく、これから販売するLiveWireには新しいモーターとバッテリーが搭載されるので、以前公表した仕様のままだとは思わないでほしいという。ちなみに価格はSR/Fが1万8,995ドル(約211万1,579円)からで、LiveWireの価格はSR/Fより約1万ドル(約111万1,650円)高い。

1/3ページ

最終更新:3/18(月) 12:12
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.32』

コンデナスト・ジャパン

2019年3月14日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.32「DIGITAL WELL-BEING」特集|デジタル時代のウェルビーイングの可能性を問う一冊

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事