ここから本文です

ロシアが「インターネット鎖国」を実現させると何が起きる?

3/18(月) 19:14配信

WIRED.jp

インターネットインフラには、中央権力と呼べるものがない。インターネットを機能させるには、全員が相互扶助するしかないのだ。結果として海底ケーブルや衛星がパッチワーク状になり、国境を無視して世界全体をつなげている。それゆえ多くの国は、オンラインでいるために自国のコントロールの及ばない国外の設備に頼るほかなくなる。

ロシアで「LinkedIn」が使用禁止に──Facebook、Twitterも?

それでも、国家が自国のインターネット環境に大きな干渉を試みることはたびたびある。そして、こうした試みがインターネットの遮断につながることも多い。

例えば、2019年1月に実施されたコンゴ民主共和国の大統領選では、政府が選挙期間中にインターネット通信の遮断に踏み切った。そしてロシアも国全体を海外のインターネットから一時的に遮断する実験を行なおうしていると地元メディアが2月8日に報じた。

ロシアの国土は広大であるうえ、ネットインフラの高度さもコンゴの比ではない。インターネットを遮断するとなれば膨大な労力を要すること、そして実行すれば無数の予期せぬ結果につながることも容易に想像がつく。

いずれにせよ、このプロジェクトから見えてくるのは、グローバルインターネットがいかに複雑に、そして強力に絡み合っているかということである。

ロシアが新法案で目指す「ルネットの独立」

「一度強靭なネットインフラを構築すると、通信の遮断は想像以上に難しい作業となるケースが多いのです」と、インターネットソサエティ(Internet Society)の最高経営責任者(CEO)であるアンドリュー・サリヴァンは言う。インターネットソサエティはインターネットの広範な発展を推進している非営利団体である。

ロシア国内のメディアの報道によると、インターネット遮断実験は12月に提出された新法案によるものだ。この法案は国内の各インターネットサーヴィスプロヴァイダー(ISP)に対して、ロシアのインターネット、すなわちルネット(Runet)の独立性の保障を求めるものである。

規制はロシア国内のISPに対してふたつのことを命じている。ひとつは世界との通信を遮断するための技術を確立すること。もうひとつは、インターネットの通信経路をロシア連邦通信局(Roskomnadzor)の管轄するルーティングポイントを経由するものに組み替えられるようにすることである。

報道によれば、ロシア当局は4月1日までにルネットと世界の通信を遮断する実験を行いたい構えのようだが、具体的な日程はいまだ公式に発表されていない。『WIRED』US版はロシア連邦通信局にコメントを求めているが、回答は得られなかった。

1/3ページ

最終更新:3/18(月) 19:14
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.32』

コンデナスト・ジャパン

2019年3月14日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.32「DIGITAL WELL-BEING」特集|デジタル時代のウェルビーイングの可能性を問う一冊

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事