ここから本文です

ジジ・ハディッドやカイア・ガーバーも登場! バザーエディターがキャッチしたパリコレのベストモーメント

3/18(月) 23:20配信

ハーパーズ バザー・オンライン

2月上旬に開催されたニューヨーク・コレクションをはじめ、ロンドン、ミラノに続きパリ・コレクションが2月 25日~3月5日の9日間で開催された。今季はパリでも勢いのあるマリーン セレ(Marine Serre)を筆頭に、エディ・スリマンによる2シーズン目のセリーヌや皇帝カール・ラガーフェルドの最期を飾ったシャネル(Chanel)など、話題を集めたトピックスが目白押し。ここでしか見れないリアルなパリコレをぜひご覧あれ。

【写真】90年代のアイコンたちのように着こなす、2019-20秋冬コレクションのトレンドをお届け!

ディオール

フェミニストアーティストのトマソ・ビンガの詩の独唱で始まった ディオール(Dior)。今回のTシャツのメッセージは“sisterhood global ”。 1950年代英国のストリートトレンド、テディボーイをインスピ源に粋でクールなスタイルをテディガールに落とし込んで。デザイナーのマリア・グラツィア・キウリが提案する、モードなリアルクローズ。

マリーン セレ

環境汚染が進み、シェルターで暮らすようになった近未来のスタイルをテーマに、おなじみのボディスーツに重ねたのはベッドリネンなど身近なものをリサイクルしたドレス。近未来から連想するパンキッシュなディテールも相まって、その退廃的なムードはなんだか90年代初頭のロンドンなイメージを連想させて。

ドリス ヴァン ノッテン

いつもよりシックなグレーのインビテーションに何かを予感させたドリス ヴァン ノッテン(Dries Van Noten)。 グレーのスーツスタイルから始まり、ダークカラーとビビットカラーのコントラストに美しいまるで生花のようなプリントを重ねて。ダークロマンスなコレクションは美しいの一言。

プラダ

プラダ (Prada)のイベントに来ていた ジジ・ハディッド をキャッチ!先日発表されたばかりの秋冬2019-20 のプラダを纏って!

ランバン

華やかなモデルが ブルーノ・シアレッリによるデビューコレクションを飾った ランバン(Lanvin)から登場。

最終更新:3/18(月) 23:20
ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2019年7月号
2019年5月20日発売

特別定価:700円(税込)

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事