ここから本文です

千葉・木更津市議殺害事件、華麗なる一族で起きた娘婿の「ご乱心」

3/18(月) 20:00配信

週刊女性PRIME

「温和で優しい方だったのに」と地元の支援者女性。

 3月9日午後8時50分ごろ、千葉県木更津市のマンションの住人から、「男の人が血だらけで倒れている」と110通報があった。自宅玄関先でドアに挟まれてうつぶせに倒れていたのは、同市の石川哲久市議(71=無所属)。

【写真】亡くなった石川哲久市議と、駅前にある市議会のビル

 外出先から戻った妻が発見したが、頭を鈍器で殴られ、胸や腕を刃物のようなもので複数か所刺されており、搬送先の病院で死亡が確認された。

血のついた1万円札

 千葉県警は周辺の防犯カメラの映像などから翌10日、殺人の疑いで石川市議の娘婿で岡山市在住の無職・石川祥一容疑者(44)を逮捕。同日未明、東京駅で身柄を確保された際、リュックから血のついた金槌のようなものと包丁が見つかっており、

「恨みがあってやったが、殺意はなかった」

 と容疑を一部否認している。

 木更津市のタクシー運転手は次のように証言する。

「同業者がJR木更津駅から犯行後の祥一容疑者を乗せている。“東京の新宿駅まで行ってください”と言って、最後に払ったのは血のついた1万円札2枚だったそうだ」

 容疑者は精神的にぼろぼろで神経症のようにみえた。

「右手に突き指や捻挫があり、刺した回数が多い。小心者か、恨みが強いか。自殺しようとしたのか、左手首にはためらい傷にも至らない刃物傷が3本あった」(捜査関係者)

 哲久市議は木更津市の名家に生まれた。地元の古参住民は「華麗なる一族ですよ」と前置きして説明する。

「容疑者からみて義理の曽祖父にあたる善之助さんは、江戸時代から続く廻船問屋の15代目で、1943年から木更津市の初代市長を務めた名士。義理の祖父にあたる昌さんも市長を4期務めている。

 殺された哲久さんは東大工学部卒の旧建設省(現・国土交通省)官僚で、2010年と'14年に市長選に出馬して2戦2敗。'15年4月の市議選に当選して政治家のスタートを切ったばかりだった」

1/3ページ

最終更新:3/18(月) 20:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」4/30号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事