ここから本文です

マイホームの値下げ交渉「契約直前まで」してはいけないワケ

3/18(月) 8:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

人生の大イベントであるマイホームの購入。しかし、こだわって選んだはずなのに「失敗してしまった…」と感じる人も少なくありません。本記事では、マイホームの「値下げ交渉」に関して、売り手側と買い手側の思惑と実情を取り上げ、契約直前まではしてはいけないワケを説明します。

値下げ交渉を安易に行うと失敗する

マイホームのように大きな買い物をする際に、気になるのが「価格」についてです。それこそ数千万円単位の買い物になるわけですから、わずかな価格差が大きな影響をおよぼすことになります。数字が一つ違うだけでも大きいのです。

そのように価格の大きな不動産であれば、「値下げ交渉」について意識している人も多いことでしょう。わずかでも値下げしてもらえれば、それだけ住宅ローンの返済もラクになるので当然です。ただし結論から言えば、あまり期待しないほうが得策です。

そもそも不動産の価格は、「相場」と「売り手」によって決まります。相場というのはつまり、財産評価基準である「路線価」や、近隣の物件価格などから求められる金額のことです。相場が一つの指標となり、不動産の価格となります。

一方の売り手とは、土地や建物の所有者がいくらで売りたいと考えているのか、ということです。売り手がどうしてもすぐに売りたいということであれば、それだけ価格を下げてくる可能性もあります。反対に、時間はかかってもいいから高く売りたいという人もいるでしょう。

このように、不動産の価格が相場と売り手によって決まることを考えれば、値下げ交渉ができるケースというのは限定されてきます。つまり、売り手がどうしても売りたいという事情があるときのみ、交渉に応じてもらえる可能性があるのです。

特に一戸建ての場合、売り手は不動産業者であることがほとんどです。そうなると、短期間で売りたいと考えている業者がどのくらいいるのかというのは、未知数でしかありません。そうなると、交渉は難しくなるでしょう。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

富裕層・企業オーナー必読!「知識武装し、行動する」ためのWEBメディア。「資産防衛」に関する最新情報とノウハウを配信!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい