ここから本文です

【サニックス杯】選手権得点王の染野唯月が値千金の逆転弾!!昨冬に躍進した尚志が大会初制覇!

3/18(月) 7:00配信

SOCCER DIGEST Web

プロ注目ストライカー、染野が延長前半に大仕事!

 3月17日、高校年代の強豪チームが一同に集まる「サニックス杯国際ユース大会」の最終日が福岡県のグローバルアリーナで行なわれた。

【PHOTO】選手権で可能性を示した来季のスター候補生を厳選!下級生ベストイレブンを一挙に紹介


 大会は16チームが参加して行なわれ、最初の2日間で4チーム×4組のグループリーグを実施。その後、各組の1、2位は決勝トーナメント、同3、4位は順位決定トーナメントを開催して王者を決定する方式で争われた。

 13時半から行なわれた決勝では、尚志と清水ユースが対戦。延長戦にもつれる接戦となったが、前者がU-18代表FW染野唯月の決勝弾などで大会を初制覇した。
 
 尚志は清水に先行されるも、同点に追い付いて延長戦へ勝負を持ち込む。すると、ここで期待に応えたのが、昨冬の高校サッカー選手権で得点王に輝いた染野だ。延長前半開始早々にペナルティエリア内でボールを受けると、シュートフェイントで相手を外して左斜め45度の位置から右足でゴールを射抜いた。その後、互いに1点ずつを取り合ったものの、最後まで尚志がリードを守り切って3-2で勝利を掴んだ。
 
 大会の順位は下記の通り。

サニックス杯最終結果
1位:尚志
2位:清水ユース
3位:鹿島ユース
4位:青森山田
5位:鹿児島城西
6位:大津
7位:福岡U-18
8位:東福岡
9位:山梨学院
10位:流経大柏
11位:鳥栖U-18
12位:U-17マレーシア代表
13位:長崎U-18
14位:東海大福岡
15位:慶煕高(韓国)
16位:江蘇蘇寧FCユース(中国)

最終更新:3/18(月) 7:17
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事