ここから本文です

【鹿島】目を見張る攻撃センス、それよりも安西幸輝を輝かせていたのは――

3/18(月) 11:30配信

SOCCER DIGEST Web

「良い守備ができたら、やっぱり攻撃もスムーズに行く」

[J1第4節]札幌1-3鹿島/3月17日/札幌ド
 
 伊藤翔のこの日、2点目をお膳立てしたスルーパスは見事だった。そのひとつ前のプレーで、タッチライン際でボールを足もとに収めてから、詰め寄る相手を股抜きしたテクニックも素晴らしかった。
 
 それ以外でも、安西幸輝は機を見た攻め上がりで攻撃に厚みを加えていく。果敢なドリブル突破から好クロスも供給した。
 
 敵陣に侵入した時の安西は、水を得た魚のように、躍動感溢れるプレーでいくつもの見せ場を作る。「上がらなかったら俺じゃないんで」という言葉も頼もしい。
 
 ただし、攻撃特化型のSBではない。むしろ今節の札幌戦では、リスクマネジメントを徹底したディフェンスが際立っていた。マークすべき相手をしっかりと監視し、局面の勝負でも粘り強く球際で戦う。数的不利に立たされても、遅らせるか、飛び込むかを的確に判断し、背後を突かれそうなシーンでは、素早く帰陣してスタンバイし、事なきを得る。
 
「今年は本当に、守備を意識してやっているので。そのうえでタイミング良く上がることが、チームにとってプラスになっていくと思うし。良い守備ができたら、やっぱり攻撃もスムーズに行くんだなっていうのは、実感しています」
 
 以前、内田篤人は安西について、こんなことを言っていた。
 
「よく走れるし、両足使えるし、ドリブルもある。厳しく要求するなら、彼がA代表とか海外に行くかは分からないけど、守備、そこだと思う。サイドハーフではないから。サイドバックだから。もうひとつ、ふたつ、上のレベルに行くためには、やっぱり守備」
 
 そんな大先輩の想いを知っているかどうかは分からないが、少なくとも安西自身は、守備面での向上を誓い、実践し、確かな手応えを掴んでいるのは事実だ。森保ジャパンの3月シリーズで代表初選出となったが、「守備が良くなってきていると自分では思っているので。そこが一番、大きいかな」と客観視する。
 

【PHOTO】川崎×鹿島|“金J”を彩った美女サポーターたち!

1/2ページ

最終更新:3/18(月) 11:32
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ