ここから本文です

「INACでも日本一」 八坂芽依&吉田凪沙の盟友コンビが描く新天地での理想ビジョン

3/18(月) 19:27配信

Football ZONE web

日ノ本学園高で黄金時代を築いた2人が、別々の道を歩んだ4年間を経てINAC移籍で再会

 なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)1部のINAC神戸レオネッサは、6年ぶりのリーグタイトルを目指す2019年シーズン、新加入選手7人を迎えた。そのなかで、偶然にも5年ぶりに共闘することになったのが、MF八坂芽依とMF吉田凪沙だ。かつて高校女子サッカーで日本一に輝いた2人は、今度はトップリーグで優勝の喜びを分かち合うべく、新たなスタートを切った。

「また一緒にやれるとは、思っていませんでした」

 吉田は少し恥ずかしさを滲ませながら、胸中を明かす。

 遡ること7年、八坂は大分トリニータレディース、吉田は地元のリベルタ徳島FCから兵庫県・姫路の日ノ本学園高に進学。1年次にMF伊藤美紀(現INAC)が在籍した常盤木学園高を破ってインターハイ女子初代日本一に輝くと、そこから3連覇の偉業を達成。2年・3年次には高校女子サッカー選手権で2連覇を果たすなど、2人は黄金時代を築いた一員としてその名を刻んだ。

 その後、八坂はなでしこリーグ1部のアルビレックス新潟レディースへ。吉田は岡山の吉備国際大に入学し、なでしこリーグ2部、チャレンジリーグ(3部相当)で戦ってきた。別々の道を歩んできた2015年からの4年間、カテゴリーが違うこともあり、「全然連絡を取っていなかった」(八坂)という。そんななか、奇しくも成長とチャレンジという同じ理由でINAC移籍を決断した結果、再び兵庫の地でチームメートになった。

「移籍は最後の最後まで、すごく悩みました。でも、今の自分に足りないものを見つけたいと考えた時に、個の力をつけたかったので、自分の成長を考えて決断しました。もちろん、アルビでもつけられたとは思いますが、新しい環境で、新しい選手たちと攻撃の幅を広げたい。チームに貢献したいがために来ました」(八坂)

「いくつかのチームに練習参加させていただいたなかで、どうしようかと迷いました。ただ、INACのようなレベルの高いチームから声をかけていただくチャンスも簡単には巡ってこない。今の自分のレベルでどこまでやれるのかチャレンジしたい、という思いが決め手です」(吉田)

1/2ページ

最終更新:3/18(月) 19:27
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事