ここから本文です

<はじこい最終回>中村倫也“山下先生”ともお別れ…!SNSに「山下ロス」の声あふれる!!

3/18(月) 20:21配信

ザテレビジョン

深田恭子が主演を務める火曜ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(毎週火曜夜10:00-11:07、TBS系)の最終回・第10話が3月19日(火)に放送される。同回の放送を前に、SNSなどでは中村倫也演じる山下を見ることができなくなることを悲しむ声が多く寄せられている。

【写真を見る】ファン「呼吸止まった!」山下(中村倫也)&順子(深田恭子)がベッドで…!(他、横浜流星の“ムキムキ”肉体美なども)

主演・深田の役どころは、人生なにもかも上手くいかない、しくじり鈍感アラサー女子。

優等生として成長した順子だが、東大受験…失敗、就職活動…失敗、そして、婚活サイトに登録するも…交際も失敗。そして、現在は塾講師として働いている。

そんな順子の前に、タイプ違いの3人の男性が現れることから、順子の人生のリベンジとも言える闘いが。

その一人、クールなルックスかつエリートで「できる男」の品格がある順子の従兄弟・八雲雅志役には、永山絢斗。

超が付くほどのバカ高校に通う、髪をピンクに染めた不良高校生・由利匡平役には、横浜流星。

そして、順子、雅志と同級生で匡平の担任をしている“元ヤン”高校教師・山下一真を、中村倫也が演じる。

注目の第10話では――

匡平(横浜流星)の東大二次試験当日、交通事故に遭ってしまった順子(深田恭子)。

雅志(永山絢斗)は順子の事故を知り、ロシア行きが決定する大事なレセプションを投げ出して順子の元へ…。

匡平は、美和(安達祐実)からの電話で順子の状況を知り激しく動揺するが、目の前の試験に挑む道を選ぶ。

果たして順子の運命は…。そして東大受験と恋の結末は!?

――という物語が展開する。

また、先行公開されている場面写真には山下が「祝卒業」と書かれた黒板の前に立っている写真も。

すでに順子をめぐる恋愛バトルからは離脱している山下だが、その男前すぎる離脱の理由などで、相変わらず“山下推し”の視聴者も多い。

SNSなどでは「先々週の展開からずっと山下ロスだけど、最終回で本当に山下先生に会えなくなると絶対泣いちゃう…」「最終回、山下くん出てきてくれるよね!?」「山下くんに会えないと、一週間の癒やしが無くなる…泣」などの声があふれている。

山下は、最終回の展開にはどう絡んでくるのだろうか…。

「初めて恋をした日に読む話」最終回は3月19日(火)、夜10:00よりTBS系で放送。

(ザテレビジョン)

最終更新:3/20(水) 10:40
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン35号
8月21日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事