ここから本文です

ロッテ・高濱卓也内野手「あのときは日本にいながら外国にいるようでした」/新入部員のころ

3/19(火) 12:03配信

週刊ベースボールONLINE

プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「新入部員のころ」です。

ロッテ・高濱卓也内野手

 実は僕、横浜高で初めての九州出身者だったんです。入学当時は地方出身ならではの悩みがありました。それは“言葉の壁”です。

 入学したときは投手だったんですけど、ある日、筋肉痛で右肩が張ってたことがあったんです。コーチに「どこか痛いところでもあるのか?」と聞かれたので「こわってます」と答えたら「何!? 肩が壊れてるのか!」と驚かれてしまって……。出身の佐賀弁で筋肉痛のことを「こわる」っていうことを説明して何とか理解してもらえましたが、あやうく練習をさせてもらえなくなるところでした(笑)。

 あのときは日本にいながら外国にいるようでした。僕のあとに九州から来た後輩たちは優秀な通訳(僕)がいたので、わりと言葉での苦労はなかったと思います。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:3/19(火) 12:23
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事