ここから本文です

「ザ・マンダロリアン」には、あのロボットが登場する?:スター・ウォーズの世界に関する新情報

3/19(火) 8:11配信

WIRED.jp

残念なことに、2月のスーパーボウルでは『エピソード9』の最新映像の公開はなかった。はるか彼方の銀河系の不気味なまでの静けさを思えば驚きではないのかもしれないが、いったい全体どうなっているのだろう。スター・ウォーズ絡みの情報をすべて破壊するデス・スターの建設でも進んでいるのだろうか。

スター・ウォーズの世界に関する新情報

心配はいらない。『エピソード9』の公開が少しずつ近づいてきたいま、世界がルーカスフィルム一色になるのは時間の問題である。それまでは嵐の前の静けさを楽しむことにしよう。

このドロイド、覚えてる?

情報源:「ザ・マンダロリアン」の製作と脚本を担当するジョン・ファヴロー。
信憑性:普通に考えれば、可能性は高い気がする。
実際のところ:「Disney+」で放映予定の実写ドラマ「ザ・マンダロリアン」は極秘で撮影が進められているが、プロデューサーで脚本も担当するファヴローは明らかにファンをじらすのを楽しんでいるようだ。

ファヴローが今回もち出してきた写真は、懐かしのアストロメク・ドロイド「R5-D4」だ。オリジナル3部作ではほんの少ししか出番がなかったが、当時からプラモデルなどが発売されており、記憶に残っているファンも多いだろう。

R5-D4が「ザ・マンダロリアン」で重要な役を演じるのかはわからない。それどころか、シリーズに登場するのかすらも不明だが(Instagramの投稿にキャプションは付いておらず、ルーカスフィルムの倉庫で昔の大道具を見つけたと言いたいだけなのかもしれない)、可能性はあるだろう。そして、次はオリマーコかアマナマンでも出てくるのかもしれない。

「ザ・マンダロリアン」には秘密のアーマーの開発者が登場するかも

情報源:ネットの噂。出どころは不明。
信憑性:正直まったくわからないが、なんとなくそれらしい話ではある。
実際のところ:「ザ・マンダロリアン」関連の話をもうひとつ。ニュースサイト「Making Star Wars」によると、このドラマにはマンダロリアンの着用するマンダロリアン・アーマーを改良していく謎の人物が登場する。いわば「007」シリーズのQのような役柄だという。

それはいいのだが、なぜ比較対象として英国諜報部のMI6で秘密兵器を開発するキャラクターの名前が出てくるのだろう。情報将校キャシアン・アンドーを主役にしたスピンオフシリーズなら、ジェームズ・ボンドのようなスパイものになるとしても理解できるが、「ザ・マンダロリアン」はそういう話ではないはずだ。

ただ少なくとも、とんでもない戦闘でアーマーが破壊されても新しいものが用意されていると思えば、ファンとしては心が休まるかもしれない。

1/2ページ

最終更新:3/19(火) 8:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.32』

コンデナスト・ジャパン

2019年3月14日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.32「DIGITAL WELL-BEING」特集|デジタル時代のウェルビーイングの可能性を問う一冊

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事