ここから本文です

どのiPadを選べばいい? iPad mini、iPad、iPad Air、iPad Pro、選び方のキモ

3/19(火) 17:22配信

エイ出版社

自分のニーズが分かっていれば、選ぶのは簡単

iPad mini(第5世代)と、iPad Air(10.5インチ)が発表されて、iPadのバリエーションが一気に増えた。なんと、おおまかに言って5モデル。ストレージ容量や、セルラーの有無、ボディカラーを含めると、さらにバリエーションが増える。ここでは、なぜ増えたのかの理由と、その豊富なラインナップから自分にマッチしたモデルを選ぶ方法を解説しよう。

差が開きすぎた、iPad 9.7インチと、iPad Pro

簡単に言うと、最新のiPad Proが高性能、高価格になり過ぎ、逆に一番安いiPadのスタンダードモデルが、安くなり過ぎ、その間、一番多くの人が欲しいと思う価格、性能のiPadがラインナップからなくなっていたから、その間を埋めてきたのが今回のニューモデルなのである。

ちなみに、アップルは製品名称を変えないので、各モデル名はiPad mini、iPad、iPad Air、iPad Proとなってしまうが、それでは記事として分かりにくいので、ここではiPad mini 第5世代、iPad 9.7インチ、iPad Air10.5インチ、iPad Pro 11インチ/12.9インチと呼んでおきたい。

ちなみに、今回のモデルチェンジで、最初はiPad Proで使えなかったApple Pencilが全モデルで使えるようになった。筆圧検知、傾き検知が可能なApple Pencilは、iPadの表現力を大きく広げるデバイスなので、ぜひ一緒に使っていたい。ただし、iPad Pro 11インチ/12.9インチでは、新しい非接触充電式のApple Pencil 2(これもアップルは単純にApple Pencilと呼ぶが、便宜上ここでは2と呼ぶ)のみ使える。iPad mini 第5世代、iPad 9.7インチ、iPad Air10.5インチでは、旧モデルのApple Pencil 1(同上)を利用する。相互に互換性はない。ペン先や傾き検知などの性能はすべて同じだが、充電方法、ペアリング方法が違うから、互換性はないのだ。

Bluetoothを使わずに直接接続して入力する(通信を盗まれる可能性がない)スマートキーボードは、iPad Air10.5インチ、iPad Pro 11インチ/12.9インチのみで使える。iPad mini 第5世代やiPad 9.7インチでも、Bluetooth接続のキーボードは使えるが、無線接続の設定をする必要がなく、キーボードを開いた瞬間から打ちはじめることができるスマートキーボードの便利さにはかなわない。

さて、今回、iPad mini 第5世代と、iPad Air 10.5インチが追加されたが、この2台は性能的にも、価格的にも、iPad 9.7インチと、iPad Proの間に入る。

なにしろ、2018年の3月に発表されたiPad 9.7インチは性能は十分だが、一番安いモデルでたった3万7800円(税別)しかしない。

対して、2018年10月末に発表されたiPad Proは最安値の11インチのWi-Fiモデルでも8万9800円(税別)、12.9インチモデルは11万1800円(税別)、これも1TBのセルラーモデルとなると21万1800円(税別)、Apple Pencil、スマートキーボード、アップルケアを加えると税込で26万9000円もする高価な端末になってしまっている。もう、たいていのノートパソコンが買える価格だ。

もちろん、価格だけの性能はあって、USB-Cでの接続、最高品質のディスプレイと新型のApple Pencilへの対応、完全に新デザインのボディに、なんとベンチマークでiPad 9.7インチの3倍もの数値を叩き出すチップセットと、普通の人では使い切れないほどのパフォーマンスを持っている。

しかし、どう考えても誰もがこれほどの性能を必要とするワケではない。中間の性能のモデルが必要だったのである。

ちなみに、日本円だと分かりにくいが米国の価格だと分かりやすい。329ドル~のiPad 9.7と、799ドル~、999ドル~からのiPad Proの間に、399~ドルのiPad mini 第5世代と、499ドル~のiPad Air10.5インチが用意されたのだ。

1/3ページ

最終更新:3/19(火) 22:10
エイ出版社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事