ここから本文です

いま、通勤カバンは小型化の傾向に! 本誌オススメの小さい通勤カバン3選!

3/19(火) 17:29配信

MonoMax Web

時代の流れにともない、通勤カバンにも小型化の波!

いままで持ち歩いていたあらゆるものがスマホに凝縮された、キャッシュレス化にともない財布も小さくなった……などなど、持ち物がミニマム化されていくのにともない、通勤カバンにも小型化の傾向があります。
小さいカバンのメリットは、なんといっても快適な通勤が約束されることにあります。サイズが小さい分、軽くて持ち運びやすいのがポイント。ストレスが溜まりがちな通勤が驚くほど快適になるはずです。そして、小さいながらも収納力があるカバンが多数登場しているのもいまの傾向。新生活シーズンに買い替えをご検討の方は、候補に入れてみてはどうでしょうか?
MonoMax編集部が厳選した小さいカバンで仕事も快適に!

MonoMaxがおすすめ! 通勤に超使える小さいカバン

スリムなのに高収納力! 混雑した電車内でも楽に使える機能満載のビジネスリュック

こちらはスクエア型で薄マチのビジネスリュック。なんとそのマチはわずか9cm! 13インチのノートPCが入るPCスリーブ、A4ファイルが入るメイン収納部など、薄いながらも収納力が高いことがポイントです。表面はPVC加工で耐水性と耐久性を高め、シリコンコートで光沢感を演出しています。

荷物を入れるとこうなる!

大きめの持ち物が多くても、スッキリとしていて、まだまだ余裕がある! ノートPC、A5サイズのシステム手帳、折りたたみ傘も収納可能だ。

トローリーにも固定可能

トローリーのハンドルバーに通して固定できるセットアップ機能を搭載。出張にも持っていけて、現地使いするのに便利。

フロントトップに配置したメガネ・小物ポケットが便利!

デッドスペースになりがちなフロントトップにポケットを配置。パイル生地を使用しているため、メガネや小物など壊れやすいものを安全に入れておける。

3WAYで使えて両手があき、A4書類まで入る! 収納力抜群のミニトート

通勤カバンのミニマム化にいち早く注目していた伊勢丹では、特にミニトートバッグが今後のトレンドになると予測しているそう。
こちらは、イタリア生まれの人気ブランド、ダニエル&ボブの名品トート・オルフェオを、70%に小さくした復刻モデル。タテヨコともに25cmと、小ぶりなトートバッグとなっている。
イタリアの革職人の手絞り作業で生まれる定番のレザー素材「ローディ」は、独特のシワ感がポイントだ。オン・オフともに使える上品なデザイン。

1/2ページ

最終更新:3/19(火) 17:29
MonoMax Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ