ここから本文です

イチローの“球、遅いっしょ”発言はなぜ曲解されてしまったのか

3/19(火) 12:13配信

Wedge

 大歓声に包まれた。18日に東京ドームで行われたシアトルマリナーズ対読売巨人軍の一戦。マリナーズのイチローは7年ぶりの母国凱旋試合で視線を釘付けにした。結果的には3打数無安打に倒れて米国でのオープン戦から21打数連続無安打となってしまったが、右翼守備では飛球をフェンス際まで追いながら片手で好捕したり、6回の第3打席で鋭い当たりのファウルを放ったりするなど随所でスーパースターの片鱗を見せていた。

 ところが、そのレジェンドの発言が大きな波紋を呼び起こしている。試合後に白い歯をのぞかせながら「球遅いっしょ」とコメントしたからだ。ちなみに、このイチローの答えは「この開幕直前のタイミングで日本人投手と対戦するのは自身にとって、どういう影響があるのか」という質問に対してのもの。

 しかし、多くのメディアはこういうトーンの質問がされていたことに関して触れておらず、かなりざっくりした形のまま「球遅いっしょ」のコメントだけが掲載される格好となっていた。読者に誤解を生じさせる一因となった感はやや否めない。

 そしてこのコメントを発した時点では名指しこそしていないが、後に続いて出てくるイチローの発言から考察すれば「球遅いっしょ」は試合中の2回と4回に2度対戦した相手先発左腕・今村信貴投手について評した言葉と理解できる。

 この発言がネット上でバッシングを浴びてしまった。ネット上では「打てていないクセになぜディスるのか」「その遅い球に翻弄されているのだから格好悪い」などといったイチローに対する罵詈雑言の書き込みが散見される。

イチローの言葉は賞賛の声だった

 これは非常に危険な流れだ。現場で取材していた側から言わせれば、イチローは何も今村を見下していたわけではない。むしろ逆で、その後に飛び出したイチローの言葉は賞賛の声だった。
「ダグアウトから見ていても(メジャーリーガーの投手の球速とは)明らかに違うからね。球が速いピッチャーじゃないとは思うもののびっくりしましたね。でも途中から丁寧に一生懸命、投げていたね。先発の子」

 この日の今村の球速は最速143キロ。とはいえ130キロ台前半の直球を主体とする組み立てだったことから、いつも対戦するメジャーリーガーの投手たちと比較して「球が遅い」と感じられた点は紛れもない事実だ。実際、この日はマリナーズ側の主力打者たちもベンチで今村の“遅球”について「球速が遅いことでタイミングが非常にとりづらく、アジャスト(順応)は容易ではなかった」と口を揃えていた。

 今村の前にマリナーズ打線が5回5安打6奪三振1失点と抑え込まれてしまったのは何よりの証拠である。ここまでイチローもメジャーリーガーの速球派投手たちとの対戦をオープン戦で繰り返していただけに他のチームメートたちと同様、今村の投球には目慣れしておらず、明らかな戸惑いから「びっくりした」という本音が出たのだ。

 だからイチローにも当然、悪意はない。にもかかわらず「今村をバカにしている」だとか「日本人投手をディスっている」だとか、四の五の言われるような流れになってしまったのはイチロー本人も、きっと不本意だと思っていることだろう。

 それじゃあ、結果が出ていないんだから「球遅いっしょ」なんて軽々しい口を叩くなよ――。目くじらを立てながら、そういう具合に何だかんだとワーワー反論する人も必ず出てくるはずだ。でも実際にメジャーリーグ取材を数年にわたって現地で経験した自分の立場から言わせてもらえば、それがイチローという選手なのだと思う。

1/2ページ

最終更新:3/19(火) 12:13
Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2019年5月号
4月20日発売

定価500円(税込)

■創刊30周年記念インタビュー「新時代に挑む30人」山崎貴(映画監督)、藤野道格(ホンダエアクラフトカンパニー社長)、森岡毅(マーケター)…
■令和のはじまりは花曇り 道しるべは街角景気

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事