ここから本文です

ネット上で拡散するデマから子どもたちを守る、たったひとつの方法

3/19(火) 12:12配信

WIRED.jp

子どもたちがインターネット上で何をしているのか、把握するのは難しい。

親世代がFacebookやTwitterを利用している一方で、子どもたちはTikTokやSnapchatを駆使し、Instagramでは「Flop Account」と呼ばれる議論を交わすためのアカウントを使っている。親世代と子どもたちのインターネットの使い方の違いは、親の不安につながる。

なぜネット上にはデマや陰謀論がはびこり、科学の知見は消えていくのか

そして、子どもたちに自殺するよう仕向けるというゲーム「MOMOチャレンジ」の再拡散は、パニックと誤情報につながった。心配する親や警察機関からの投稿や報道によると、MOMOチャレンジとは、子どもたちに有害な行動を起こすよう促すゲームだ。最終的に子どもが自殺し、その様子を映像に撮ってアップロードするように仕向けるというものである。

MOMOは基本的に、すべての親にとっての悪夢といえる。しかし、複数のメディアが指摘しているように、それが実際に拡散しているゲームであるという確証はない。

ぞっとさせられるような「MOMO」のイメージは、日本人アーティストが手がけた彫刻に基づいたものだ。「Snopes」の記事によると、MOMOチャレンジが子どもたちの自殺と関連しているという話が浮上したのは、昨年のことである。ところが捜査当局は、実際にゲームに参加した事例は確認できていないという。

MOMOの動画が投稿されていたという情報が流れていたYouTubeは、同サイトにMOMOの動画が投稿されたことは確認できていないと発表した。どっぷりとネットにハマっているティーンたちは、親からMOMOについて注意を受け、しらけた反応だったという。

デマ拡散の仕組み

MOMOは危険な行動が広まる事例ではなく、デマが拡散する一例のように見える。若者を支援しているアン・コリアの言うところの「ヴァイラルメディアの恐怖」に当たり、「ハロウィーンキャンディの中に入ったカミソリ」に似た現代版の都市伝説と言える。

悪影響をもたらすこうした懸念は、インターネットのない時代にも広まったようなものだ。MOMOのような話題は、心配して誰かに警告しようとする親だけでなく、それらの警告を大げさに取り上げる報道機関によっても拡散していく。

MOMOに対する恐怖は初めのうちは実在するものではなかったが、注意喚起によって認知されるようになった。つまり、警告があだとなった可能性があると専門家は言う。

これらすべての警告はティーンや小さな子どもたちが問題をよく知り、真に受けてしまうリスクを高めている。少なくともMOMOの場合は、その怖いイメージによってぞっとさせられる。

MOMOに対する世間の関心を再び呼び起こしたと思われる、今回のツイッターへの投稿のような警告をソーシャルネット上で見かけたときは、深呼吸して一度冷静になるべきだ。それをリツイートまたはシェアする前に、次のふたつを考えてほしい。

「この行動で得するのはいったい誰か、どんな情報が欠けているのか」。この2点について答えることができない場合は、行動を起こすのをやめるよう、シラキューズ大学でメディアリテラシーの教授を務めるホイットニー・フィリップスは促している。

1/4ページ

最終更新:3/19(火) 12:12
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事