ここから本文です

ネット上で拡散するデマから子どもたちを守る、たったひとつの方法

3/19(火) 12:12配信

WIRED.jp

ネットという不可解な世界

しかしインターネット上のMOMOに関する注意喚起は、銃撃を想定した避難訓練と同様に現実の問題から生じた反応であることは明らかだ。インターネットの世界とは、実際に危険で理解しにくいところなのである。その世界は嫌なこと言う人や、いじめっ子、陰謀論者、過激派などで溢れ返っている。

デマやミームは無害であることが多いものの、そうでない場合もある。

「ピザゲート事件」はある男にレストランを銃撃させる結末を迎えたし、スレンダーマン刺傷事件はふたりの少女をクラスメート殺害へと駆り立てた。

「いまの時代に不安をあおる要因は、筋の通らないことばかりです」と、シラキューズ大学のフィリップスは話す。うそのなかから真実を見分けたり、誰かから誰かへと次々に伝染する自殺の約束とミームを区別するのは難しい。

メディアリテラシーを日常に

この狂気に満ちた世界を子どもたちが歩むのを助けるためには、ソーシャルメディアとインターネットについて親子でオープンに語り合うことが大切だ。そうすることで子どもはストレスにさらされても、しなやかに対応でき、MOMOのようなものを見抜けるようになり、犠牲にならずに済む。

オンライン上で子どもが閲覧するものすべてを管理しようとしないようにバルガーは忠告している。子どもたちがある程度の年齢になれば、親が好むかどうかにかかわらず、インターネットに触れることになるからだ。

「子どもが安心して話せるような環境をつくってください。『MOMOという動画を見た?』というように、デマに関する質問を浴びせ続けるべきではありません。インターネットやメディアリテラシーを家族の日常に組み込むことが重要なのです」とバルガーは話す。

そして、親たちが子どもに次のようなことを理解させるよう願っている。「みんながインターネットを使っていて、それがどんなものなのか理解しようとしているところなの。だから見るものすべてについて安心して話してね」

そして、いちばん重要なのは、パニックに陥らないことだ。

EMILY DREYFUSS

4/4ページ

最終更新:3/19(火) 12:12
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.32』

コンデナスト・ジャパン

2019年3月14日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.32「DIGITAL WELL-BEING」特集|デジタル時代のウェルビーイングの可能性を問う一冊

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事