ここから本文です

栄養満点な豚キムチチャーハン!パラパラに仕上がります

3/19(火) 21:14配信

ESSE-online

年度末で、仕事も家事も子育ても忙しい時季です。疲れているときこそ、おいしいものを食べて元気になりたいもの。

初心者でも失敗知らず!「萌え断」サンドイッチのつくり方はこちら!

今回紹介するのは、忙しいときにもパパッとつくれる豚キムチチャーハンのレシピ。
「疲労回復におすすめの豚肉、卵と合わせて1食で栄養満点のチャーハンです。さまざまな具材でアレンジでき、お肉も野菜も食べられるのがポイント」と教えてくれたのは、共働きしながら、プライベートでは夫婦で料理家をしているぐっち夫婦さん。

詳しいつくり方とコツを教わりました。

これうまッ! と思わずうなる! 豚とキムチの最強コンビ

【材料(2人分)】

・ご飯 茶碗2杯分
・豚バラ薄切り肉 100g
・白菜キムチ 100g
・長ネギ 1/2本
・万能ネギ 4~5本程度
・ニンニク ひとかけ
・たまご 1個
・しょうゆ 小さじ2
・顆粒だし鶏がらスープの素 小さじ1
・ゴマ油 大さじ1
・白ゴマ 小さじ1
・塩・こしょう 少々

【つくり方】

(1) 下準備として、長ネギ、万能ネギ、ニンニクはみじん切りに、豚肉は一口大に切り、白菜キムチはハサミなどを使用し、細かく刻む。卵は小鉢などに入れて溶いておく。

(2) フライパンにゴマ油を弱火で熱し、長ネギ、ニンニクを炒め、香りがが出るまで炒め、豚肉を加える。

豚肉の色が変わってきたら、キムチ、しょうゆ、顆粒だし、塩・こしょうを炒め合わせる。

(3) (2)を端に寄せ、溶き卵を入れ、中火に熱する。

半熟状になってきたところで、ご飯を入れ、すばやく卵とご飯をよく混ぜる。

※パラパラに仕上げるコツは、ご飯を卵と合わせたあとに刻むように混ぜること。あらかじめ、溶き卵とご飯を合わせておいてもOK!

(4) 万能ネギ、白ゴマを入れ、端に寄せた(2)とご飯をほぐすように、強めの中火にし、炒め合わせる。

ご飯型に盛る。食べるときに追いキムチをするのもおすすめです。

●疲労回復に効果的! 栄養満点なひと皿です

加熱したキムチは腸内の悪玉菌を体の外へ排出し、腸内環境の健康を維持してくれます!

疲労回復におすすめの豚肉、卵と合わせて1食で栄養満点のチャーハンです。

[1人前 584kcal]
出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2017年

●教えてくれた人
【ぐっち夫婦】
TATSUYA、SHINOからなる夫婦料理家ユニット。共働き夫婦で料理家、SHINOは栄養士の資格ももつ。ホームページ「ぐっち夫婦の今日なにたべよう?」で日々の料理が楽しくおいしくなるアイデアを発信している

最終更新:3/20(水) 11:03
ESSE-online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ESSE

扶桑社

2019年7月2日発売号

¥558

『ESSE(エッセ)』は生活情報誌。家事、節約、収納、レシピ等のニュースを配信中!
(8月号は特別定価558円)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

あわせて読みたい