ここから本文です

「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自主返納広がる

3/19(火) 17:00配信

ニューズウィーク日本版

首相「10日以内に銃規制改革をする」

「私は今日、それらの銃を警察に返して、廃棄してほしいと頼んだ」と彼女はツイートしている。

また「Blackstone」というユーザーは、銃の所有を放棄するために警察に提出する書類の画像をシェアし、31年間にわたって銃を所有してきたが、銃を引き渡すことは「これまでで最も簡単な決断のひとつだった」と述べた。

「金曜午後に事件のことを聞いてから、これはちゃんと考えなければ、と思った」とBlackstoneはツイートしている。「月曜朝に出した答えが返納だ。これまでで最も簡単な決断のひとつだった」

ニュージーランドでは、1990年にも精神的な問題を抱えた男が13名を射殺する事件が発生し、その2年後に銃規制法が厳格化されている。ジャシンダ・アーダーン首相は今回のテロ事件発生後、すぐにも新たな銃規制法を導入すると明言した。

アーダーンは今回の銃乱射事件について「恐ろしいテロ行為」だとし、10日以内に銃規制の改革を発表すると述べた。

(翻訳:ガリレオ)

シャンダル・ダ・シルバ

2/2ページ

最終更新:3/19(火) 19:15
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-5・28号
5/21発売

460円(税込)

【特集】ニュースを読み解く 哲学超入門
トランプ現象、移民、監視社会、SNS…… AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

ニューズウィーク日本版の前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事