ここから本文です

赤星憲広が「欠点がない」と驚く逸材。投打のセンバツ注目選手

3/19(火) 7:20配信

webスポルティーバ

 春のセンバツは投手力――。

 選抜高等学校野球大会(センバツ)は冬が明けたばかりの3月に開催される。実戦感覚が戻っていないため、打者は調整が遅れがちになり、投手優位になりやすい。それがもはや定説になっている。

■赤星憲広が吐き捨てた忌まわしい記憶「甲子園に行くんじゃなかった」

 だが、センバツの大会ハイライト番組『みんなの甲子園』(毎日放送制作)のメインキャスターを務める赤星憲広(元阪神)は、まったく逆の見方をしている。

「僕は、夏よりも”打つチーム”が勝てると思います。春に完璧に仕上げることが難しいのは投手も同じ。近年は打撃が強いチームほど結果を残している気がします」

 2017年から連覇した大阪桐蔭などは、その典型だろう。センバツに出場するほどのチームなら、だいたい好投手を擁しているもの。そのなかで優勝を争うとなると、最後は攻撃力がカギを握る。赤星はそう考えているのだ。

 今大会は右投手なら奥川恭伸(星稜高校/石川)、左投手なら及川雅貴(横浜高校/神奈川)が目玉選手と言われている。一方、打者の目玉は誰か。候補は挙がるものの、誰もが認める”大看板”はまだ見当たらない。

 そんななか、赤星はセンバツに向けた取材先で強烈な逸材に出会ったという。

「東邦高校(愛知)の石川くんを見て、久しぶりに感動しました」

 石川昂弥(たかや)。身長185センチ、体重81キロ。愛知・知多ボーイズ時代から有望株として知られていた、右投げ右打ちのスラッガーである。

 赤星は取材で東邦を訪れた際、森田泰弘監督から「石川にはもう教えることがないんです」という話を聞いていた。とはいえ、どんなに好素材であろうと、まだ高校生である。プロの目から見れば、多少の気になる部分は見つかるもの。森田監督の言葉を聞いた赤星は、実際に石川の打撃を観察することにした。

 そして、言葉を失った。赤星の目から見ても、石川の打撃には欠点が見当たらなかったからだ。

「想像以上に完成されていました。フォーム、タイミングの取り方、いろんな要素を見ても気になるところがない。あの根尾くん(昂/中日)や藤原くん(恭大/ロッテ)だって、バッティングの欠点は目についたわけです。でも石川くんは、練習や紅白戦を見る限りでは『どこに投げればいいんだろう?』と思うくらい穴がない。真ん中から外のボールはセンターからライト方向に持っていくし、インコースのさばき方もうまい。多少右手の力が強すぎるきらいはありますが、気になるほどではありません。バッティングに関しては、今大会でずば抜けていいんじゃないですか?」

1/3ページ

最終更新:3/19(火) 7:20
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事