ここから本文です

NHK「ガンダム誕生秘話」放送 富野由悠季らが窮地からの復活語る

3/19(火) 19:52配信

KAI-YOU.net

40周年を迎えるアニメ『機動戦士ガンダム』誕生の裏側に迫る「ガンダム誕生秘話」が、NHK総合で3月30日(土)1時10分から1時59分まで放送される。

【画像】アムロ、シャア、ララァを演じた3人も

番組には監督の富野由悠季さん、キャラクターデザインの安彦良和さん、メカニックデザインの大河原邦男さんら、メインスタッフが集結。

脚本家・松崎健一さん、音楽プロデューサー・藤田純二さん、作画スタッフ・板野一郎さんも出演する。

さらにキャラクターを演じたキャストとして、声優の古谷徹さん(アムロ役)、池田秀一さん(シャア役)、潘恵子さん(ララァ役)が出演し、当時を振り返る。

アニメ史に残る名作『機動戦士ガンダム』が生まれた理由

リアルな人物描写と世界観で「日本のアニメを変えた」といわれ、いまや日本を代表するロボットアニメとして世界中で愛される『機動戦士ガンダム』。

従来、アニメといえば勧善懲悪な子供向けが中心の中で、それらとは一線を画する作品性は、その後のアニメに大きな影響を与えている。

一方で、1979年の放送当時、制作現場は決して恵まれたものではなかったという。

人手が足りずスタッフは泊まり込み、関連商品は不振、視聴率は低迷を経て、打ち切り決定。

メインスタッフが倒れ、一時は富野監督自らが原画を描くほどの窮地に立たされたにも関わらず、なぜ不朽の名作が生まれたのか、数々の証言をもとに解き明かす。

番組のナレーターは、俳優の田辺誠一さんが担当する。

※3月28日追記:記事公開後、番組の放送日時が変更されたため修正しました。

恩田雄多

最終更新:3/28(木) 17:57
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事