ここから本文です

“暴言おばさん” ついに逮捕!もはや人権問題、20年にわたる「罵詈雑言」の中身

3/19(火) 11:00配信

週刊女性PRIME

「商売クビ~商売倒産~」「アホの建具屋やんか」「いらん商売して、人の家の中まで音入れるような商売やんか」……。

【写真】至近距離で暴言を吐く容疑者と、ヘッドフォンを付け我慢する被害者

 静かな住宅街に朝も昼も夕方も響き続ける文句に暴言。

「知ってます。すごく有名ですよ。私、25歳なんですけど、小学生のときから暴言を聞いていました」(近隣住民)

 という長期にわたり繰り広げられる、町内の騒音問題。

息子の前では反省

 兵庫県迷惑防止条例違反で県警明石署は3月5日、暴言の主である山田道子容疑者(仮名=63)を逮捕した。

「事案は、2018年5月11日午前10時52分ごろから、9月8日の午前10時27分ごろまで、被害者宅周辺において、被害者に対し粗野乱暴な言動をし、嫌がらせ行為を反復して行ったものです」

 と捜査関係者は説明する。

「明石警察署では、両者の騒音トラブルを2012年ごろから認知していました」

 と付け加える。

 3年前にも書類送検されているが、今回は逮捕され勾留されている。

 面会に行ってきたという山田容疑者の息子(38)は、

「僕に対しては“迷惑かけて本当にごめんな”と話してくれました。周囲に迷惑をかけていると思っているんだな、反省しているんだなと感じました。涙もポロっとこぼしていましたから……」

 被害者は、建具店を経営する鈴木貴浩さん(仮名=54)。容疑者宅とは隣り合わせで、

「20年ぐらい前でしょうか、うちがターゲットになる前には、山田さんの向こう隣の家が嫌がらせを受けていましてね。“引っ越したい”って相談を受けていたんですが……。その後、うちに狙いが変わりました」

 と鈴木さん。トラブル発生までのいきさつをこう明かす。

「逮捕されたおばちゃんの旦那が工務店に勤めていて、仕事でもお付き合いがあって関係は良好でした。

 資材を山田さん宅との境にちょこちょこと置いたんですが、それが気にくわんと文句をつけられたのが始まりですね。すぐに片づけたのですが、今度は仕事をするときの音が気に食わんと変わりました」

1/3ページ

最終更新:3/22(金) 13:42
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」6/25号

特別定価430円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事