ここから本文です

「なんて日だ」! “90度パット”に世界116位の本人も大興奮「決して忘れない!!」

3/19(火) 7:13配信

THE ANSWER

スーパーパットにベガス自身も大興奮「17番のパットを決して忘れない!!」

 米男子ゴルフのザ・プレーヤーズ選手権最終日は17日(日本時間18日)、アイランドグリーンで知られる名物17番ホールで生まれた大会史上最長のスーパーパットが称賛を呼んでいる。世界ランク116位のジョナサン・ベガス(ベネズエラ)が70フィート(約21.3メートル)の距離を、途中でほぼ90度向きが変わる難しいラインのパットを沈めるシーンをPGAツアーが動画で公開。ファンを熱狂させていたが、ベガス自身も「17番のパットを決して忘れない!!」と大興奮の様子だ。

【動画】このパットに「信じられない」の大合唱…! 世界ランク116位のベガスの21メートルの“90度パット”の実際の映像

 34歳ベガスが第5のメジャー最終日に熱狂を巻き起こした。名物の浮島グリーン上、左端からのパッティングだ。カップは右端に切られており、その距離は70フィート。1パット圏内に寄せられれば御の字という場面だろう。

 優勝争いを展開していたベガスは果敢に狙った。狙いすまして打ち出した方向は、カップのはるか左。衝撃はここからだ。数メートル進んだところで急激にスライス。一気に右方向へ角度を変えた。

 ボールは完全にラインに乗ると、そのままカップへ向かって一直線。中央から見事にカップに消えた。芸術的なミラクルパットを決め、力強くガッツポーズを繰り出すベガス。さらに観衆を煽るように、吠えながら両手でアクションを繰り出していた。

 このシーンに現地の実況も「冗談だろ! なんてこった! 17番グリーンで最長のパットです」と絶叫すれば、ベガス自身もツイッターを更新し、最終日のハイライトと動画とともに「なんて日、なんて週だ……。17番のパットを決して忘れない!!」と興奮冷めやらぬ様子をつづっている。

 ロリー・マキロイ(英国)の今季初Vで幕を閉じたTPCソーグラスでのビッグタイトル。ベガスのスーパーパットもハイライトの1つとしてファンの記憶に刻まれそうだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:3/19(火) 11:07
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事