ここから本文です

八村塁、今度はオールアメリカンのベスト5選手に選出 ザイオンらドラフト目玉と並び

3/19(火) 18:03配信

THE ANSWER

圧倒的な活躍が認められ、記者投票で選出

 バスケットボール男子の全米大学体育協会(NCAA)1部、ゴンザガ大の八村塁が、また新たな勲章を手にした。全米記者が選出する、オールアメリカン・ファーストチームに選出された。地元紙「スポークスマンレビュー」が報じている。

【動画】この一撃なら地区MVPは当然!? 「滑らかだ、ルイ」と現地称賛…八村が演じた“キレキレジャンプシュート”の実際の瞬間

 次々と快挙を成し遂げている八村。今度はNCAAのベスト5プレーヤーに選ばれた。

 900人以上の会員の投票で決まるもので、八村はデューク大のザイオン・ウィリアムソンとR.J.バレット、テネシー大のグラント・ウィリアムス、マレー州立大のジャー・モラントという、そうそうたるメンバーとともに選出された。

 八村は33試合のうち、32試合で2ケタ得点をマーク。1試合平均20.1得点、6.6リバウンド、フィールドゴール成功率は60.9%、3P成功率も46.9%を誇り、4度のダブルダブルを達成しているという。

 八村は今季すでにウェストコースト・カンファレンス(WCC)の最優秀選手賞を受賞。NCAA第9地区の年間最優秀選手にも選出されている。

 ゴンザガ大は西地区の第1シードとしてNCAAトーナメントに挑むことが決まっており、21日に初戦を迎える。

THE ANSWER編集部

最終更新:3/20(水) 11:41
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事