ここから本文です

Jリーグを称賛する韓国代表MF、母国の新スタジアムに感慨 「Jと比較しても遜色ない」

3/19(火) 8:40配信

Football ZONE web

柏から蔚山現代に期限付き移籍中のキム・ボギョン 大邱FCの新スタジアムで今季初ゴール

 今季、Jリーグの柏レイソルからKリーグの蔚山現代FCに期限付き移籍した韓国代表MFキム・ボギョン。17日に行われたKリーグ第3節、大邱FCとのアウェー戦で今季初ゴールを決めた。キム・ボギョンは後半19分に左足でミドルシュートを決め、蔚山に先制点をもたらしたが、同34分に同点弾を決められ試合は1-1のドローで終了した。

【動画】相手GKのクリアを拾って左足一閃 ! 蔚山現代FCのキム・ボギョンが決めた今季初ゴール

 この日、今年から新設された大邱FCのホームスタジアム「DGB大邱銀行パーク」には1万2419人の観客が入ったという。ゴールを決めたキム・ボギョンは試合後、スタジアムに入った多くの観客と盛り上がりについて、Jリーグと比較したコメントを残したと韓国のスポーツ紙「スポーツ朝鮮」が報じている。

「試合前から『Kリーグもこのくらいの雰囲気を出せるスタジアムがあるんだ』と感じていた。ファンもとても熱狂的でアウェーチームとしては、難しい試合になる感じがあった。Kリーグ全体で、このようなスタジアムやファンが増えればいいなと感じた。Jリーグのサポーターや応援の雰囲気と比較しても遜色ない。Jリーグのほとんどのチームで、とても多くの観客が来る。大邱の雰囲気はJリーグと大きく変わりない」

 昨年、キム・ボギョンを取材した時、Jリーグの環境の良さについて称賛していたが、母国のKリーグにも少しずつ良いサッカー文化と雰囲気が根付いてきたことに満足していたに違いない。

金 明昱 / Myung-wook Kim

最終更新:3/19(火) 8:57
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事