ここから本文です

トラブル続出の「南野陽子」夫 今度は“振り込め詐欺のドン”との繋がり判明

3/19(火) 16:59配信

デイリー新潮

 8年前に南野陽子(51)と結婚した年下夫に、またも問題発覚である。

 ***

 南野と「IT関連会社」社長だった4歳年下の夫との結婚生活は、最初から躓きの連続だった。2014年には週刊新潮が“家賃踏み倒し”を報じ、その翌年には愛人の銀座のクラブのママとの間に隠し子をもうけていたことが明るみに出た。

 その後も、横領疑惑や従業員への暴行などなどが報じられているが、今度は、およそ3000人から総額160億円を騙し取った巨大詐欺グループのトップとの関係が……。その名を大山多賀男といい、2012年に逮捕されている人物だ。

 大山は数十社もの会社を設立し、詐欺の舞台に利用していたが、そのひとつ、東京・日本橋茅場町の雑居ビルに入っていた会社の代表に、南野の夫が就いていたのだ。夫の知人はこう証言する。

「彼は、“南野陽子の父親の面倒を見ているから介護に詳しい”と嘯いて大山のグループに加わった。実際、その会社は表向き、介護用品の通販のようなことをしていました」

 夫が逮捕されることはなかったものの、詐欺グループとの関わりがあったことは間違いない。週刊新潮の取材に対し、夫からの回答はなく、南野は、

「私は、まったくわからないです」

 と答えるばかり……。3月20日発売の週刊新潮で詳しく報じる。

「週刊新潮」2019年3月28日号 掲載

新潮社

最終更新:3/19(火) 16:59
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事