ここから本文です

マツオインターナショナルが長野の婦人服専門店「ロン・都」の事業を継承

3/19(火) 15:00配信

WWD JAPAN.com

マツオインターナショナル(東京、松尾憲久社長)は19日、民事再生手続申請中の長野の衣料品専門店、ロン・都(長野市、宮内隆太社長)の事業の一部を譲受すると発表した。譲受の完了は、5月下旬を予定している。

【画像】マツオインターナショナルが長野の婦人服専門店「ロン・都」の事業を継承

ロン・都は1967年創業。「ロン・都」「ピュアハウス」などの婦人服専門店を、県内のほか新潟県や群馬県に計24店舗体制で展開していた。だが近年はネット通販の台頭などを理由に売り上げが落ち込み、3月18日に民事再生法の適用を申請していた。2018年2月期の売上高は20億円。

マツオインターナショナルは「ロン・都が半世紀にわたり培ってきた知名度と商品仕入れ、店舗運営のノウハウに、弊社の商品企画力を掛け合わせることで、新たな店舗業態開発と顧客創造に生かす」としている。

最終更新:3/19(火) 15:46
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2089号
2019年6月24日発売

定価500円(税込み)

販売員特集2019 ファッションの最前線には彼らがいる!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事