ここから本文です

宮澤ミシェルが現地スペインで観たクラシコを解説「レアルは個の集合体だけど、バルサはチームとして戦っている」

3/19(火) 11:00配信

週プレNEWS

サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第88回。

現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したこと、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点でサッカーシーンを語る――。

今回のテーマは、先日行なわれたラ・リーガのクラシコについて。宮澤ミシェルが現地・スペインで観た伝統の一戦は、思いもしない結果だったという。

*****

まさかの結果だったね。現地スペインで2月27日のコパ・デル・レイ準決勝の第2戦と、3月3日のサンティアゴ・ベルナベウであったラ・リーガのクラシコを観てきたけど、レアル・マドリードが2連敗するとは思いもしなかったよ。

日本を発つ前はサンティアゴ・ベルナベウでバルセロナが勝つところを見たいと思っていたし、実際にそうなったけど、今回はレアルが悪すぎたね。 クラシコでのレアルは、キックオフ直後はよかったんだ。勝利すればリーグ制覇に一縷(いちる)の望みをつなげることができたからね。だけど、バルサのラキティッチに先制点を奪われた途端に、ピッチにもベンチにもスタンドのサポーターにも諦めムードが漂っていた。 やっぱり、クラシコ直前にあったコパで、バルサに0対3で敗れたショックは想像以上に大きかったってことだね。翌週にはチャンピオンズリーグでアヤックスに1対4で負けて、ラウンド16で敗退。わずか1週間でリーグ戦とカップ戦の優勝、チャンピオンズリーグ4連覇の夢が消えてしまった。 レアルの敗因はサンティアゴ・ソラーリ監督が、メンバーを固定しすぎた結果だよね。とくにヴィニシウス・ジュニオールに固執しすぎた気がするな。圧倒的な彼のスピードが、低迷していたチームに躍動感をもたらし、劇的な復調に導いたのは間違いない。だけど、彼はまだ18歳。相手に対応の仕方を研究されると手詰まりになってしまったね。

バルサは右サイドにセルジ・ロベルトを置いて、コパではその後ろにネルソン・セメドを入れる対策をとって、ヴィニシウスを孤立させる守り方をしたんだ。だから、彼がクロスを上げてもピケが余裕を持って全部を弾き返せちゃった。ヴィニシウスがシュートが上手ければ状況は違っただろうけど、そこが彼にとって来シーズン以降の課題だよね。

1/2ページ

最終更新:3/19(火) 11:00
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週プレNEWS

集英社

No.27
6月24日(月)発売

特別価格500円(税込)

「老後2000万円不足問題」サバイバル術
/欧米の自動車免許制度の実態/“婚活シェ
アハウス”が人気再燃の【グラビア】高田秋
/ロン・モンロウ/小倉優香/高嶋香帆 他

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事