ここから本文です

イチローを語る17 菅野智之(巨人)「詰まってもOKがすごい」

3/20(水) 11:59配信

週刊ベースボールONLINE

日本にはいないタイプです

 マリナーズの一員として来日を果たしたイチロー。週刊ベースボール3月25日号では、『イチローを語る』という企画を組んだ。
 今回からしばらく、その言葉を一人ずつ紹介していく。
 
 第17回は、巨人のエース、菅野智之だ。

「日本でプレーしているイメージよりも、メジャーでの活躍や日本代表でWBCを戦っている印象が強いです。

 イチローさんとは接点がなくて、テレビで見ていて本当にすごい方だなと思っていました。『詰まってもOK』という言い方をされていたのをみたことがあるのですが、この考えや意識はピッチャー目線からいうとすごく嫌。

 バッターは詰まるのを嫌ってホームベースから離れてみたり、目付けを前にしたりと工夫をするので、こちらもそれに応じて対処するのですが、最初から詰まりを気にしないタイプの方は、どれだけ厳しく内角を突いても気にせずにしっかり振り切ってくる。

 振り切るからこそ詰まっても内野の頭を越して落ちるわけで、イチローさんのそういうシーンをよくみますよね。あまり今の日本にはいないタイプ、マインドですよね。

 マリナーズ対巨人で僕の登板の予定はないのが残念。イチローさんを相手に投げてみたかったです。ただ、楽しみに見たいと思います」

写真=BBM

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事