ここから本文です

米ジャーナリズム著しい劣化

3/20(水) 8:45配信

Japan In-depth

【まとめ】
・CNNとFox Newsの報道姿勢の差が拡大。
・米国のジャーナリズムの劣化は顕著。
・日本ではメディアの「中立原則」が守られている。

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=44783でお読みください。】

先週末、駆け足でワシントンに出張してきた。

米国出張中は努めてCNNとFox News(FOX)を見比べるようにしている。これって結構大変、部屋のテレビで10分から15分おきに交代でCNNとFOXを見続けるのだから、実にせわしない。だが、二つの局が同じニュースを全く違う角度から報じる姿は、まるで「一国二制度」のようだ。

これまで米国ケーブルニュース市場は、保守系のFOX、リベラルのMSNBCとその中間にあるCNNというのが相場だったが、今はFOXがトップらしい。しかも、2016年にトランプ氏が大統領に選出されて以来、中立系CNNと保守系FOXの報道姿勢の差は拡大している。詳細は今週火曜のJapanTimesに書いたので読んで欲しい。

一言で言えば、FOXは越えてはならない一線を越えてしまったが、CNNも最近は中道から左に大きく振れている。要するに目糞鼻糞なのだ。出張中にニュージーランドで白人至上主義者がモスク礼拝中のイスラム教徒に銃を乱射し50人もの死者を出した事件が発生したが、これに関するCNNとFOXの報道ぶりが全く違うのが典型例。

このように米国社会の分裂は深まるばかり。

米国のジャーナリズムはどこへ行ってしまったのか。日本ではこのような非難合戦は決して起きない。放送法第4条で、「放送内容は公序良俗に反せず、政治的に中立を守り、事実を歪曲してはならない」などと定めているからだが、米国は1987年にこの種の「中立原則」を撤廃している。

政治的中立を求めなくなれば、テレビ局は勝手な報道を始める。他方、中立原則を維持したからといって公平な報道が続くとは限らない。そうなれば、問題は中立原則の有無ではなく、ジャーナリズムが成熟しているか否か、かもしれない。少なくとも米国のジャーナリズムの劣化は顕著だ。日本にとっても対岸の火事ではないだろう。


〇アジア

先週北朝鮮の外務次官が記者会見を開き、「米国の強盗のような姿勢は事態を明らかに危険にさせる」「米国は千載一遇の機会を逃した」「最高指導部が近く自らの決心を明らかにする」などと述べたが、翌日の北朝鮮メディアはこのニュースを一切報道していないらしい。

素直に読めば、北朝鮮は米国に強く再考を求め、それが駄目なら深刻な事態を招くと警告するが、米国との決定的な関係悪化は望んでいない、ということだろう。近く金委員長が第二回首脳会談後の行動計画を盛り込んだ公式声明を発表するらしいが、韓国メディアはこれを交渉局面を壊さないための「水位調節」と分析しているようだ。

1/2ページ

最終更新:3/20(水) 8:45
Japan In-depth

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事