ここから本文です

モンキー125カスタムプロジェクト#5 セラコート塗装編【ヤングマシン×ヨシムラ コラボモデル】

3/20(水) 17:48配信

WEBヤングマシン

東京モーターサイクルショーで完成車を披露

昨年2018年末の第46回マシン・オブ・ザ・イヤー(MOTY)開催を記念して、『ヤングマシン』本誌とヨシムラのコラボとなるスペシャルモンキー125が誕生。3/22~24の東京モーターサイクルショー2019・ヨシムラブースに展示されることが決まった。さらに、MOTY投票参加者のうち、このモンキーを手にすることができる幸運な1名が会場で決まる! 本連載特集では、世界に1台のスペシャルモンキー製作模様をドキュメンタリーでお届けする。第5回はスイングアーム等の金属パーツに通常の塗装よりも耐久性の高い「セラコート」を施す。

【写真をまとめて見る】

キズにも高温にも強い、セラコートの魔法を解明してみる

ここまでタンク&カバー塗装、フロントフォークのアルマイト処理の工程を終えたモンキー125カスタムプロジェクト。本稿ではスイングアーム、トリプルツリー、ハンドルポスト、そしてライトステーと、残る金属パーツの塗装を行う。

この工程については、鈴友株式会社が日本総代理店を務める「セラコート」を使うことに。というのも、道路からの跳ね石やキーホルダーが擦れてキズが付きやすいこれらのパーツには、通常塗装より耐久性の高いものが求められるからだ。

[取材協力:鈴友株式会社(東京都台東区台東2-3-11 TEL:03・3834・3571)大正7年創業の老舗で現在の社屋は東京都・台東区。元々メッキ処理を生業としていたが、7年ほど前からセラコートの日本総代理店を始めたとのこと。セラコート以外にも粉体塗装などの施工や「SGT」ブランドで独自開発製品の製造販売を専門とする。冒頭の写真に登場しているのは鈴木社長(左)と岡本工場長(右)]

実は本連載#1でタンク&サイドカバーのペイントを担当したYFデザインと同じく、鈴友のセラコートもヨシムラ耐久マシンのマフラーなどに使用されており、その性能は折り紙付きだと言っていい。ヨシムラ以外でも’18世界耐久選手権を制覇したF.C.C.TSRのレーサーに使用。特に24時間の長丁場を戦うTSRのマシンでは、アンダーカウル内に溜まったタイヤカスが熱で炎上し出すようなトラブルを防ぐため、放熱性・断熱性に優れたセラコートが大いに貢献していると言う。

1/3ページ

最終更新:3/20(水) 17:48
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年06月号
4月24日発売

定価880円(税込)

スクープ:1135Rことヨシムラカタナ現代版!?
新型最速試乗:ホンダ新生ミドルスポーツ他
「#ヤンマシ写真部」120点一挙掲載
別冊付録:最新ヘルメットカタログ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事