ここから本文です

アップルの新しい2つの「iPad」が、あまりに静かに発表された理由

3/20(水) 8:11配信

WIRED.jp

まばたきしている間に、アップルの最高経営責任者(CEO)であるティム・クックのツイートを見逃してしまったかもしれない。Twitterに投稿された写真で彼は「iPad mini」を持ち、スタイラスペンで「hello」と書いていたのだ。

アップルが3月25日に発表する「まったく新しい何か」の中身

新しいiPad miniは、2015年に発売された「iPad mini 4」以来のアップデートになる。そのときからずっと、小型タブレット端末のファンは新製品を待ち望んでいたのだ。あまりに時間が経っているので、もう新しい端末の投入はないだろうと、あきらめていた人もいたほどである。

しかしiPad miniは、すっきりしたフォルムの「iPad Air」とともに“復活”した。2019年3月18日(米国時間)に、アップルが新モデルを発表したのである。

新しい部分と、新しくない部分が混在

iPad miniとiPad Airは、まさに「新しい」という枕詞がふさわしい製品だ。新しいプロセッサーを搭載しており、ディスプレイがアップデートされている。そして、どちらもアップル純正のスタイラスペンである「Apple Pencil」に対応している。

だが、名前と設計は新しくない。iPadシリーズの上位モデルとは違ってベゼル(画面の枠)があり、接続端子はUSB-CではなくLightningのまま。そして、いまだにホームボタンがついている。

今回の2つのモデルの発表によって、アップルのiPadシリーズのラインナップは5つに増えた。タブレット端末の市場が縮小傾向にあるにもかかわらず、である。

新しいiPad miniは、サイズとディスプレイの解像度は旧モデルと同じだが、色温度を自動調節する「True Tone」技術によって画面の色域が広い。また、より高速なWi-FiとギガビットLTEにも対応しているほか、機械学習に特化したニューラルエンジンを組み込んだ「A12 Bionic」チップを搭載している。これはiPhoneを含むアップルの高額モデルで採用されているのと同じチップだ。

1/3ページ

最終更新:3/20(水) 8:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事