ここから本文です

寝具直販のキャスパー、新製品のガジェットから見えてきた大いなる“野望”

3/20(水) 12:12配信

WIRED.jp

「キャスパー・ラボ」を巡るツアーを始めてから数時間で、だんだん眠気を感じ始めていた。サンフランシスコにあるこのラボは、寝具のオンライン販売で知られるキャスパー(Casper)が製品をテストするためにつくった施設である。

なんと重さ11kg! 超重量級の高級毛布が教えてくれた「快眠の秘訣」

マットレスのフォーム素材の弾力性を測定するレヴァー、ウール混の羽毛布団の内部温度を測るコイル線、あちこちに置かれたふかふかなものたち──。壁には思わず触りたくなるような布が張られており、羽毛やフォーム素材、巻き毛のウールが入った瓶もある。クッションは山積みだ。

こうした繊細で心地いい展示を見ていると、まぶたが重くなってくる。どこからか、ほのかなラヴェンダーの香りまでしてくる。

「眠りを売る」ことで成長したキャスパー

夢見心地なマーケティングを展開してマットレスを直販しているキャスパーは、「眠り」を売ることで一躍有名になった。

柔らかいが体をしっかり支えてくれるベッドは、高級寝具メーカーで有名なテンピュール・ペディックの製品よりはるかに安く、時代を意識したマーケティングもミレニアル世代の心をつかんでいる。

つまり、キャスパーは眠りをクールなものにしたのだ。あまりにクールなため、創業わずか5年にもかかわらず、同じようなマーケティングで同じようなマットレスを販売する企業が何十社も現れている。

でも大丈夫だ。キャスパーは、もともとマットレスメーカーになるつもりなどない。キャスパーはもっと大きな何かを目指している。それは、同社の新製品を見ればわかるだろう。

最新の“発明”から見えてくる戦略

キャスパー・ラボが世に出す最新の発明は、マットレスでも枕でもない。あなたを眠りへといざなう、ベッドの脇に置くための小さなランプだ。この「Casper Glow」は温かく柔らかい光で周囲を照らし、入眠時に少しずつ暗くなっていく。やがて起床時間が来ると、今度は朝日のように点灯する。

その外見はアップルのスピーカー「HomePod」のミニチュア版を思わせる。しかし、Wi-Fi経由で音楽をストリーミングしたり、Siriと話したりする機能はない。それどころか、何にも接続されていないのだ。

これは画面の見すぎでおかしくなったわたしたちにとって、治療薬のような存在である。そして、明かりを消したら眠りにつくというシンプルな時代を思い出させてくれるものでもある。

この製品は「よりよい睡眠のための魔法の光」であると、キャスパーは説明する。だが実際、この製品にはそれ以上の意味がある。キャスパーは、眠りを誘う製品であなたの寝室を埋め尽くすライフスタイル企業になりたいと考えており、Glowはその夢に向けての第一歩なのだ。

1/4ページ

最終更新:3/20(水) 12:12
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事